こんにちは こんにちは 水草水槽について相談させてくださ

ビジネス

こんにちは こんにちは 水草水槽について相談させてくださ。僕は最近までグロー×2台でやってました、グロー+ブライトもやりました^。こんにちは 水草水槽について、相談させてください 60cm水槽、???で??????を飼育しています 水草(???や??中心) 外部フィルターで、ライトは、gexと?????を使用しています うまく水草が育たない為色々調べた結果charmの アクロ TRIANGLE LEDGROWを購入しました もとの?????とダブルでようやく水草から気泡が出て来て嬉しく思っていますが、さらに良くしたいという思いから、もう1つ水草ライトが欲しいです すると、グロウの他にブライトがあるそうです グロウとブライトの構成がよいのか、グロウ2台がいいのか…悩んでいます 気持ち的には水草をしっかり育てたい思いの方が強いです でも、ブライトの白い光で魚が綺麗に見えるのも魅力的です アドバイスお願いできないでしょうか よろしくお願い致します こんにちは。いずれかを含む。こんにちは 水草水槽について相談させてください

新宿店60㎝水槽レイアウト。皆さん。こんにちは! 新宿店水草担当 黒澤です。 最近。店頭の水槽を
レイアウトする機会が多く ルンルン気分です? そしてまた。新しく水槽を立ち
上げたので そのごまた。水草の育成についても申し分ないライトがセットに
なっていますので熱帯魚飼育や水草レイアウトの入門今回のレイアウトは水草
をたくさん使って水草の森を作るというテーマで作っていきます。また。石
どうしをしっかりと付けたい場合はアクアリウム用の接着剤もご活用ください。

僕は最近までグロー×2台でやってました、グロー+ブライトもやりました^ ^ブライトの方が白味があるのでグロー+ブライトでは凄く明るくなります!ご存知の通り、フラットLEDに比べればグロー1灯では黄色味は感じますが、グロー×2灯では黄色味をあまり意識しなくなります、凄く明るいので^-^と言うか、グローは黄色味があると言ってもいつも見てれば慣れて黄色味とか感じなくなりますよ1灯でも^O^/水草をしっかり育てたいと言う気持ちがお有りでしたらグロー×2灯の方がいんじゃないでしょうか?と言うのは、趣味の世界ってどんだけ自分が満足しているかは凄く大きな要素だと思ってます^ ^自分が満足してわくわくする事は趣味の醍醐味ではないでしょうか?僕は初めて買ったのがブライトで、グローの方が水草に向いてるって世間では言うのでモヤモヤしてました、選択ミスした、、、みたいななので、なけなしのお小遣いでグローを追加で買いました!満足感半端なかった記憶があります^ ^でも、どっちでもちゃんと水草は育つんですよね笑その後、グロー+ブライトの2灯仕様にすると気泡が半端無くて、質問者様と同じ様にもっと水草を綺麗に育てたい!グロー×2灯ならもっと高条件になるだろ!と思いグロー×2灯にしましたグロー×2灯の方が赤系水草はより赤くなり安いのは知りました!が、この知恵袋内では特に目にする「一番は光量と波長だ」と言うのはそんなに一番大切な事ではないと今は感じてます。光量がまず高ければベストとは限りません高光量になると水草の活性は上がると思います、しかしその分 栄養枯渇やco2不足になり易く、僕は基本放置管理ですので逆にバランスが崩れて徐々に水草不調におちいり光量だけ高くてもダメだと知りました^^;なので現在は1灯消してます高光量は手を掛けれるのなら良い環境を作りやすいとは思いますので誤解なさらず^ ^色々要らない事を喋り過ぎましたが、結論はどの組み合わせでもOKと思います!ブライトの方が光量高いせいか気泡は更に上げますグローの方は流石水草用だけあって赤系水草はより赤くし易いと感じます、が、そんなに大きな差はないと感じてます!要はプラシーボ効果でしょうか、自分の気持ちでこっちの方が良い気がするみたいな笑どの組合せにすれば満足感半端ないか、わくわくするかで決めた方が後で後悔しないと思いますよ^O^/後、下の方もおっしゃられてる様に、ある程度のライトがあるのならco2添加は世界が変わる様な変化が見られますよね、一番の変化は今まで気泡上げてるの見たこと無かった水草が気泡上げたりするので超感動した記憶があります^-^発酵式とボンベの最大の違いは流量を調節出来る、少なくも多くも出来る事だと思います、高光量になると発酵式では物足りなくなるとは思いますが、全然ダメではないです!入れないと入れるでは全く違うと感じてますので^-^少しずつ時間をかけてグレードアップしていくのもまた趣味を味わう醍醐味だと思いますo^^oブライトは明るさこそグロウ以上なんやけど赤波長が少なく水草には向かない照明やで。グロウとコトブキフラット?なら最強の組み合わせでグロウ1台でも十分育成可能なんやけど見た目の色合いが黄色っぽいやろ?フラットの青白い光で相殺されて見た目も良くなるここは好み次第で黄色っぽいほう好む人もいるんやろな…なんにせよこの2台なら光量で悩むことは無いで。60cmちゅうてもワイドやハイタイプなら話は別発酵式のデメリットは量の加減が気温任せで不安定になりやすいちゅうところ、そこさえクリアできれば問題ないんやがボンベ式のほうが高価やけど安定供給できる。照明が不十分だとCO2添加してもほとんど意味ないんやがせっかく照明が充実したんや、ボンベ式検討することおススメする。60cmならアクロのglow一灯で大丈夫です。底床次第ですが、Co2の添加を検討したほうが良いと思います。発酵式でも水草水槽は可能です。ですが、Co2の量がコントロール出来ないため、おすすめは出来ません。夜間Co2を止めていなければ、魚が酸欠で死ぬ可能性もあります。後、単純にボンベを使う方が管理は楽です。本格的に良くしたいのであれば、Co2フルセット電磁弁付きを導入することをおすすめします。60cm水槽なら1秒に一滴、Co2カウンター内を泡が通る程度で十分です。600円で二ヶ月は持つのでおすすめです。ロタラとなると、後々に肥料切れが予想されます。1年ほどたつと顕著になるかもしれません。カリウム液肥or固形肥料を後々に検討しても良いかも知れません。ちなみに光量不足だと、モスが細くなったり、ロタラが縦に縦に伸びてくるはずです。光量が多いとコケが生えてきます。多少コケが生える程度が水草が育ちやすい成長環境という指標にもなります。光量が足りており、成長が遅いだけならCo2不足が予想されます。ライトも大事ですがco2添加すると世界が変わります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です