スウェーデン 消費税と所得税が高くてもいいから老後の心配

ビジネス

スウェーデン 消費税と所得税が高くてもいいから老後の心配。北欧の国は合理社会です完全実力主義で、教育のレベルも日本とは比較にならないだから「生産性が高い」んです生産性が高いので時間にも生活にもゆとりが出来るまた、生産性が高いから収入も多くて、高い税金を負担してる介護にしても、自己責任社会なんで基本的には訪問介護しかしてなくて、お年よりも自分で生活してるんです食事なんかレンジでチンです豊かな老後を送りたければ資産形成しておいてねというのは変わりません何でこういう形になるかというと、移民に頼らないためEUは先進国が、安い賃金で汚い仕事やりたがらないので移民を受け入れて安い仕事をやらせてきた未婚者離婚者増加して少子化で労働力不足になるしかし、人種差別すべきじゃないといい、移民の子にも教育を施していくと移民の子も先進国の子と同様の学力、スキルが身につくのでその国の雇用を奪い始めるだから欧州だけでなく米でも人種間の対立や右傾化してるんですよこの問題を予見し一歩先へ進んだのが北欧の考え方です「自分の国の雇用や生活は自分たちで守る」という意識です子供を産み育て、自国の産業をお互いに買い支えること、生産性を高めるために徹底した実力社会で、その実力社会でも生活できるように教育を施すこと同時に郷土愛や愛国心も徹底して教えて、女性も徴兵制に賛成するほど男女平等だから女性も兵に志願する国になってます北欧ってのは、日本人が移住したところで仕事に就けません面接で求められるスキルや能力が高すぎるんですブログなどを読むと二年間くらい勉強しないと就職難しいらしい9条改正反対とか徴兵制反対とか結婚して子供を産めというだけで、炎上するような日本人の幼稚な民度では北欧の真似なんかできません現に消費税10%に反対とか言ってる北欧だと所得の6割以上税金などで払うんですしかしそれ以上に稼いでるから生活可能なんですけどこれも徹底した合理主義だから。消費税と所得税が高くてもいいから老後の心配のない国がいいです

北欧の国だとみんな幸せなのでしょうか イギリス?デンマークを訪ねて。守る新聞からのおもなニュース紹介欧州ヨーロッパは消費税が高いから
福祉が良い」福祉政策の財源は。所得税と事業主が負担する医療保険料などが
77%を占め。消費税は12%。貯金はしなくてよい。生命保険はかけなくて
いい。医療費や教育費の心配はなし。老後も安心して暮らせます。所得税が減るから老後資金を貯めよう。等に掛金を払えば。所得税が減ると同時に老後準備が進むのが所得控除
方式のメリットです。これに対して。国の財布を使うという点では同じですが
。政府マッチングという別の仕組みを採用している国もわが国でも。同じ国庫
を財源に使う方式として。より社会的に公平で。よりわかりやすい政府
マッチングについて。もっと議論をしてもいいのではないでしょうか。

スウェーデン。だったり 社会保障財源の概要社会保険制度は保険料を支払っていないとその恩恵
を受ける事はできません。今回はその三国のうちからスウェーデンに絞り。
年金制度と健康保険の仕組みについて紹介したいと思います。日本人の特殊性
なんてない高度経済成長期まで初等教育レベルでの教育の質が高く。それゆえ
。「そこそこのレベルの工業製品を安価に作れる能力」があったという程度
消費税が25%になったら老後の心配をしなくても良いというのであれば払いま
しょう。最高は驚きの27%。今回は消費税の高い国。低い国について。財務省のウェブサイトに掲載されてい
たデータ年月をもとに。ランキング形式でご紹介します。塩分?
糖分の高い食品に課税する「ポテトチップス税」が導入されていることからも
税収に対する意識の高さがうかがえます。ただし平均所得税はかなり高いこと
で有名ですが。日本の消費税率が決して高くはないことが分かります。
増える「良いこと」へのお金の使い方自助努力による老後資産の作り方

「世界一幸せな国」デンマークの若者と高齢者2ページ目。また。掃除。洗濯。食事の準備。入浴?トイレ補助などの支援も受けられる。
しかし。良い事ばかりではない。国民は手厚い社会保障を受けられる反面。「
世界一高い」と言われる税金を払わなければならない。所得税の最高小泉内閣メールマガジン。やはり。財源は税金消費税にこだわらず。何でもかまいませんとしていく他
はないと思います厚生労働省が直接私は自分の老後の資金は自分で貯めるの
がスジだと考えるので。今政府が今の年金制度を奨励しても。参加する気はない
。2にそのことからすれば。公的年金を廃止し。民間の保険会社や金融機関
において任意に各人の判断で年金保険に加入をの使い道については。現在有効
に使われていると思ってはいますが。その用途を年金限定にした宝くじがあって
も良い

老後資金は何にどのくらい必要。老後までに準備したほうが良い金額とはどれくらいなのか。老後資金を貯めるに
はどうすれば良いのかについて考えていきます。老後生活を送るためには。
定年退職後から支給される公的年金だけでは。足りないことが予想されています
。無職世帯夫歳以上。妻歳以上の夫婦のみの無職世帯の実収入と消費
支出の実態を見てみましょう。高額介護サービス費制度を利用しても。所得
によって毎月万,円~万,円自己負担が必要となります。*アメリカの税金?会計疑問にお答えします。税法上のアメリカ居住者は。日本の給料。日本の金融機関から受け取る配当金や
利息。日本の家の賃貸収入など。全てアメリカで報告つまり。連邦税は控除が
できても。外国税額控除を認めていない州では日本の税と州税の二重課税が生じ
ます。収入に応じて税率が変わり。例えば。連邦は収入に対し最大%の
所得税率で源泉徴収額を算出しています。家を売却する場合。売却益に対する
税金の支払いを削減または回避する方法を知っておくといいでしょ う。

北欧の国は合理社会です完全実力主義で、教育のレベルも日本とは比較にならないだから「生産性が高い」んです生産性が高いので時間にも生活にもゆとりが出来るまた、生産性が高いから収入も多くて、高い税金を負担してる介護にしても、自己責任社会なんで基本的には訪問介護しかしてなくて、お年よりも自分で生活してるんです食事なんかレンジでチンです豊かな老後を送りたければ資産形成しておいてねというのは変わりません何でこういう形になるかというと、移民に頼らないためEUは先進国が、安い賃金で汚い仕事やりたがらないので移民を受け入れて安い仕事をやらせてきた未婚者離婚者増加して少子化で労働力不足になるしかし、人種差別すべきじゃないといい、移民の子にも教育を施していくと移民の子も先進国の子と同様の学力、スキルが身につくのでその国の雇用を奪い始めるだから欧州だけでなく米でも人種間の対立や右傾化してるんですよこの問題を予見し一歩先へ進んだのが北欧の考え方です「自分の国の雇用や生活は自分たちで守る」という意識です子供を産み育て、自国の産業をお互いに買い支えること、生産性を高めるために徹底した実力社会で、その実力社会でも生活できるように教育を施すこと同時に郷土愛や愛国心も徹底して教えて、女性も徴兵制に賛成するほど男女平等だから女性も兵に志願する国になってます北欧ってのは、日本人が移住したところで仕事に就けません面接で求められるスキルや能力が高すぎるんですブログなどを読むと二年間くらい勉強しないと就職難しいらしい9条改正反対とか徴兵制反対とか結婚して子供を産めというだけで、炎上するような日本人の幼稚な民度では北欧の真似なんかできません現に消費税10%に反対とか言ってる北欧だと所得の6割以上税金などで払うんですしかしそれ以上に稼いでるから生活可能なんですけどこれも徹底した合理主義だから。日本はまだ終身雇用にしがみついてて「会社が定年まで守るのが当たり前だ」なんてのでは話になりません生産性が低すぎる駄目な社員をクビに出来ないなんて非合理的で非効率です北欧は自己責任、自助努力が当たり前の上で成り立ってる国ですだから誇りも高く、愛国心もあり、高いスキル、能力を備え自信に満ちてるので幸福度も高いだけの話です北欧といっても国によって違います。代表的にあげられるのはスウェーデンでしょうか。移民で大変なことになっています。自分達が受け取れると納得してて払ってきた税金なのに、移民に吸い取られている。中東からの難民だけでなく、高福祉を求めてEUからの移民も多いです。今の北欧の高齢者は幸せそうですが、将来的にはどうでしょうね。いいえ、北欧も介護財政がやばいことになってます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です