ブラウンエボニー 韓国への輸出規制ってどうなんですかね

ニュース

ブラウンエボニー 韓国への輸出規制ってどうなんですかね 。大ですよ。韓国への輸出規制ってどうなんですかね 韓国大ダメージですか へのかっぱですか サムスン副会長が訪日。日本政府が半導体の原材料などの輸出規制を強化した中。韓国のサムスン電子の
イ?ジェヨン李在鎔副会長は7日から日本を訪れ…です。輸出元の日本
企業の協力があれば。ある程度のダメージ回避は可能なのでは?と思ってただ
偉い人がそれを言うとお前が言うなになるので下々の人たちが副会長にこんな
ことまでさせる政府はけしからんって言うんでしょう。シンゴジラの日本と
同じで総辞職ビーム級の何かがないとロジックだけじゃ前に進めない文化なん
ですかね。日本の輸出規制に大喜びする韓国人。日本政府が韓国に対し半導体材料について輸出管理を強化する措置を月日に
発動してから。日もたたないうちに韓国民は自発的に日本ボイコット運動
こちらは 会員有料会員限定のコンテンツです。

ブラウンエボニー。韓国ドラマ -で観れる実際に観て面白かった私のおすすめ韓国 韓国ドラマ
で観れるおすすめの韓国ドラマ選ダメージケア とお肌の悩みを解決し
てくる手助けをしてくれます! しかしマデカって名前どこからきてるの??と
思っで実際ヶ月間使ってどうだったか?でも私が厳しい評価をしたのは
このマデカクリーム以上にアイクリームがよかったからなんです!北より先に韓国に「鼻血作戦」を発動する米国:日経ビジネス電子版。日本を含む世界では。中国を標的とした輸入規制と見なされました。が。韓国人
は自分たちが米国に狙い撃ちされたと考えたのです。保守系各紙は文在寅政権の
北朝鮮への幇助政策が。通商分野での報復をもたらしたと怒気を

韓国紙の嘆き節「不買運動」は日本企業に打撃を与えず。年月の日本の輸出規制強化から始まった日韓経済戦争。ダメ人間なん
です~の狙い少しも日本企業にダメージを与えなかったばかりか。韓国の
ほうが失うものが大きかったのではないか――。では。ユニクロはどうだろ
うか。韓国の日本製品不買運動は無意味ではないが。特定企業をたたき過ぎれ
ば。結局自分たちが逆風にさらされることになりかねない」工藤静香。「豪快
」料理エピソード披露 「キッチンから魚を下ろしてヒザでガンって」

大ですよ。中国とアメリカの板挟みで右往左往してるファーウエィ問題より、深刻な問題だと韓国では大騒ぎしてますから。仕方ないないですが、日本への影響も結構出るかもしれません。半導体の生産が滞った場合、韓国は日本企業への部品供給を締めるでしょう。日本企業も生産活動に影響が出るのは必至かと思います。韓国そのものには大したダメージではありません。通産省の信頼関係が失われたとの本音の部分は韓国に輸出したフッ化水素が北朝鮮に送られて核兵器開発に使われていたことです。個別の輸出申請書類には第三国への無断移転をしないことの保証が必要になりそうです。 北朝鮮の核兵器を自分たちのものにしたい文政権には北朝鮮の核兵器開発ができなくなるので大変なダメージです。屁のカッパなら、国費で開発支援をしませんよね、緊急に。輸出審査期間中に、韓国内で在庫が尽きる半導体材料もあるとか。こうなると、半導体メーカーの生産は減速し、輸入が叶わないとなると韓国経済を支える背骨は真っ二つに折れます。???ろうそくデモどころではない騒ぎになるでしょうね。ただ、輸出規制上の優遇をしないと言ってるだけで、禁輸とは言っていないのに、この右往左往ぶりと非難の嵐は嗤えます。結局、対韓外交は、”優遇ありき”が原則だった事が如実に出てます。…米国の手前、仕方なしの所作だったのに、甘受し、当然視し、庇い助けてきた優しき相手の日本を、嘘塗れの言動で誹謗中傷してきた結果、ちょっと引っ掻かれただけで大けが如き痛がりよう。つくづく、無策の上に無策を重ね、いまだにゴリ押しを続ける文政権には、この上の規制と優遇撤廃は必要です。いよいよ、一般的な国交を結んだ国と同等の扱い、付き合いを始める良いチャンスです。何の優遇も援助もしない、対等な、日韓国交正常化です。文在寅には、あと1年は頑張ってもらわないとw韓国政府は世界貿易機関WTOへの提訴を検討しているが、結論が出るまでには1年半~2年かかり、韓国にとっては勝訴した場合の利益よりもその間に生じる損失の方が膨大になりそうだ。各企業が現在確保する材料の在庫は約1カ月分で完成品の在庫を加えても3~4カ月しか持ちこたえられない。日本政府はあくまで、韓国への「優遇措置を廃止」したのであり、WTOルールに反しないという主張だ。韓国政府の常套手段は、反日世論を引き起こし、日本側の譲歩を引き出すものだが、これに乗ってはならない。文在寅政権に国際法を順守させ、元徴用工訴訟などで日本企業に実害が出ないようにするためにも、他の優遇措置を廃止すべきだ。韓国側は、日本の政治家ら有力者に手を回して、水面下で動いているが、決して引いてはならない。禁止でも規制強化でもありません。これまで韓国を友好国として扱い貿易手続きを簡略化してきましたが、友好国としての扱いをやめて通常の申請手続きを経た貿易に戻しただけです。もちろん、韓国がこれ以上日本や日本企業に被害を及ぼす行動を起こせば、いつでも禁輸処置が取れると警告したのでしょう。その時は日本政府は禁輸と言わず、申請書類に不備が有るといえば韓国側の問題で韓国は輸入できなくなります。WTO違反にもなりません。これが日本政府の考えです。ただ韓国は素人外交に成り下がってしまったので、この意図が読めずにかえって日本に過激な行動をする可能性はありますね。●韓国は半導体「国産化」できる? 日本の「輸出規制」で設備開発強化へ 2019.7.3 日本政府による、韓国への半導体材料の輸出管理強化を受け、韓国政府が半導体の材料や部品、設備の開発に毎年1兆ウォン約920億円規模を集中投資する方針であることが3日、分かった。韓国の与党幹部が明らかにした。国産化を急ぐ狙いとみられるが、果たしてできるのか?与党幹部によると、韓国政府は今月中に半導体材料などの競争力強化に向けた詳細な対策を正式に発表する予定。半導体製造に必要な高純度フッ化水素は、日本企業が世界シェアの約8割を握っている。日本には、1世紀に及ぶ技術の研鑽とノウハウの蓄積がある。韓国紙?朝鮮日報も3日、「韓国の製造装備国産化率18%、日本に付け込まれるとさらなる打撃」というタイトルの記事で、「国産化にも、とてつもない時間が必要だ」「日本は100年以上も精密化学素材産業で世界最高水準にある」と記している。韓国政府はさらに、日本政府の措置を世界貿易機関WTOに提訴する方向で本格的な法律の検討に着手したという。このほか、韓国のネット上では「日本旅行を禁止しよう」と呼びかける声もある。●対韓輸出規制:韓国の製造装備国産化率18%、日本に付け込まれるとさらなる打撃08:42朝鮮日報/朝鮮日報日本語版金城敏キム?ソンミン記者 大手半導体メーカーのSKハイニックスは昨年10月、忠清北道清州でM15工場完工式を行った。この工場はSKハイニックスが計20兆ウォン約1兆8500億円を投じたNAND型フラッシュメモリ電源を切ってもデータが保存される半導体メモリの生産工場だ。ここには4000台を超える半導体製造装置がある。しかし、韓国製は20%に過ぎない。それ以外は日本?米国?オランダ製だ。韓国企業が最先端機器を作れないからだ。韓国は世界第1位の半導体製造国だが、半導体を作るのに必要な素材や装置は他国に依存している。韓国にある半導体製造装置の国産化率は18.2%、素材の国産化率は50.3%に過ぎない2017年基準。中でも、半導体素材分野における日本への依存度は50%近い。韓国大統領府は2日、今回の日本政府による経済報復のような事態を防ぐ案として、輸入先の多様化と国産化推進を挙げたが、半導体業界は、「すぐに実現できる目標ではない」と難色を示した。半導体製造に使われる数百種の素材は製造会社が違うと微妙に性能が変わる。同じ品目だとしても、ほかのブランドの化学物質を購入してすぐに使うのは難しいのだ。化学物質は変更されるたびに全工程で調整が必要になる。日本が輸出規制を強化したレジストの場合、全世界で90%を日本企業が生産している。サムスンやSKハイニックスが世界最高水準の工程に使うだけのレジストが作れる企業は日本企業以外にない。国産化にも、とてつもない時間が必要だ。化学物質を扱う素材開発は長年のノウハウに基づいている。日本は100年以上も精密化学素材産業で世界最高水準にある。こうした素材?機器産業の特性上、韓国企業は海外依存から脱却できていないのだ。韓国輸出入銀行海外経済研究所によると、2017年時点の世界半導体製造装置市場は米国44.7%と日本28.2%が握っており、韓国の占有率は3.6%にとどまっている。現在、全世界の半導体製造装置10大企業は日本企業が5社、米国企業が3社、オランダ企業が1社、韓国企業が1社だ。韓国の日本への依存度は高い。韓国が日本から昨年輸入した半導体製造用装置は6兆1211億ウォン約5651億円で、半導体装置の全輸入の33.8%を占める。半導体製造に必要な円盤状の「ウェハー」も全体輸入量のうち34.6%を日本から輸入している。日本への依存度が最も高いのは、今回輸出規制されるレジストとフッ化ポリイミドだ。この2素材の韓国における日本への依存度は90%を超える。一部国産化に成功したとされるエッチングガスフッ化水素も実は日本から原材料を持ち込んで合成?精製したものだ。韓国政府は世界貿易機関WTOへの提訴を検討しているが、結論が出るまでには1年半~2年かかり、韓国にとっては勝訴した場合の利益よりもその間に生じる損失の方が膨大になりそうだ。各企業が現在確保する材料の在庫は約1カ月分で完成品の在庫を加えても3~4カ月しか持ちこたえられない。日本政府はあくまで、韓国への「優遇措置を廃止」したのでありWTOルールに反しないという主張だ。韓国政府の常套手段は、反日世論を引き起こし、日本側の譲歩を引き出すものだが、これに乗ってはならない。文在寅政権に国際法を順守させ、元徴用工訴訟などで日本企業に実害が出ないようにするためにも、他の優遇措置を廃止すべきだ。韓国側は日本の政治家ら有力者に手を回して水面下で動いているが、決して引いてはならない。これまで韓国を友好国として扱い貿易手続きを簡略化してきましたが友好国としての扱いをやめて通常の申請手続きを経た貿易に戻しただけです。韓国がこれ以上日本や日本企業に被害を及ぼす行動を起こせばいつでも禁輸処置が取れると警告したのでしょう。その時は日本政府は禁輸と言わず申請書類に不備が有るといえば韓国側の問題で韓国は輸入できなくなります。WTO違反にもなりません。これが日本政府の考えです。●「ファーウェイの10倍」衝撃 禁輸韓国破綻 夕刊フジ日本政府が半導体製造に不可欠なフッ化水素など3品目の対韓輸出管理体制を強化する方針を発表したことに対し文在寅大統領率いる韓国政府が反発している。自由貿易の精神、常識に反するとして世界貿易機関WTOへの提訴など対抗措置に出る構えなのだ。国際法を無視した「元徴用工」の異常判決や上記を逸した「天皇陛下現上皇さまへの謝罪要求」など「反日」暴挙を自国が次々と仕掛けてきたことを忘れているのか。「韓国経済が大打撃を受ける」と絶望する同国メディアもあるが日本人の怒りは激しい。文在寅政権が続く限り「日韓関係の改善」は期待できそうにない。「深刻な遺憾を表す」「国際法と国内法に基づき日本に対しWTOへの提訴をはじめとする必要な対応措置を取る」韓国の成允模ソン?ユンモ産業通商資源相はソウル市内での会議でこう明言した。同国外務省の趙世暎チョセヨン第1次官は同日長嶺安政駐韓日本大使を呼びつけて抗議し今回の措置の撤回を求めた。韓国側の狼狽ぶりがよく分かる。日本政府が「韓国への輸出管理体制の見直し」を発表したのは、テレビやスマートフォンの有機ELディスプレーに使われる「フッ化ポリイミド」と半導体の基板に塗る感光剤の「レジスト」半導体の洗浄に使う「エッチングガス高純度フッ化水素」の3品目。これまで韓国を輸出手続きを簡略化する優遇措置を受けられる「ホワイト国」に認定していたが除外した。から個別の出荷ごとに国の許可申請を求める。韓国紙によると韓国企業の在庫は1カ月分ほど。サムスン電子やSKハイニックス、LGエレクトロニクスなど韓国企業の依存度が高く規制が2019年7月中に始まれば2019年8月にも生産に影響が出そうだという。今回の措置について安倍晋三首相は朝刊の読売新聞へのインタビューで次のように強調した。「国と国との信頼関係の上に行ってきた措置を見直したということだ」「日本は全ての措置はWTO世界貿易機関ルールと整合的でなければならないという考え方だ」「自由貿易とは関わりない」韓国は2018年来「天皇陛下への謝罪要求」やいわゆる「元徴用工」の異常判決、韓国海軍駆逐艦による海上自衛隊哨戒機への火器管制レーダー照射事件など次々と「反日」暴挙を繰り返しては放置し国家間の信頼関係を崩壊させた。日本政府はあくまで、韓国への「優遇措置を廃止」したのでありWTOルールに反しないという主張だ。日本の毅然とした姿勢を受けて韓国メディアには「破壊的な損失」「非常事態」などと焦燥感も漂っている。朝鮮日報日本語版は、「『華為技術の10倍』の衝撃、韓国政府は日本の報復に備えているのか」という社説で、「もし日本がこの3つのハイテク素材の輸出を遅延または中止すれば韓国経済は壊滅的な損失が避けられなくなる」「日本の規制が現実のものとなれば韓国経済が受ける打撃は米中のはざまで揺れた『ファーウェイ華為技術、Huawei制裁問題』の場合の10倍になると言われている」中央日報同も、「いよいよ始まった日本の経済報復」という社説で「韓国企業は非常事態に陥った」「これら品目の供給のほとんどを日本に依存している状況で代替輸入先を探すことが容易でないためだ」「輸出の遅延ないし中断が現実化されれば関連企業はもちろん韓国経済全体が打撃を受けることになる」と記した。大阪でのG2020カ国?地域首脳会合を終えて日本政府はやっと国際法を無視する「反日」韓国への対抗措置に乗り出した。今後どうすべきか。韓国事情に精通するジャーナリストの室谷克美氏は「韓国政府の常套手段は反日世論を引き起こし日本側の譲歩を引き出すものだがこれに乗ってはならない」「文在寅政権に国際法を順守させ元徴用工訴訟などで日本企業に実害が出ないようにするためにも他の優遇措置を廃止すべきだ」「韓国側は日本の政治家ら有力者に手を回して水面下で動いているが決して引いてはならない」と話している。●首相、対韓禁輸は「信頼関係上の措置見直した」 ●08:42社説「華為制裁の10倍」の衝撃、韓国政府は日本の報復に備えているのか朝鮮日報/朝鮮日報日本語版●社説いよいよ始まった日本の経済報復、韓国政府は外交力を総動員して解決に動け07時31分 [? 中央日報/中央日報日本語版] ◆資本財輸出禁止で韓国産業の息の根が止まる!?確実に言えることがあるとすれば日本がいまだに韓国に対して幅広い分野で戦略物資を提供しているということであり、裏を返して言えば日本政府がこれらの戦略物資の提供を停止すれば韓国の産業の息の根が止まる可能性がある、ということでもあります。日本貿易振興機構JETROの韓国のページによると、日韓貿易は日本の一方的な黒字となっています2017年度。?日本から韓国への輸出…551億ドル?韓国から日本への輸出…268億ドル?日本の対韓貿易黒字…283億ドルまた、「日本の主要輸出品目」は、半導体製造装置、半導体、プラスチック製品、鉄鋼板、フラットパネルディスプレー製造装置、基礎留分、精密化学原料、光学機器、原動機およびポンプ、計測制御分析器とありますが、要するに資本財生産するための装置などが中心です。分かりやすく言えば、日本が韓国に産業用装置を輸出することで、韓国が日本の代わりに産業生産活動を行い、日本に283億ドルの貿易黒字をもたらしてくれているという状況です。もし日本がこれらの資本財について、韓国への輸出を禁止してしまえば、この巨額の貿易黒字が失われてしまいます。つまり、「日韓断交」したら、日本にも大きな打撃が生じるのです。しかし、それと同時に、日本から戦略物資が入って来なくなれば、韓国経済の方がより大きな打撃を蒙ります。さらに、意地悪な言い方をするならば、日本が韓国への資本財の輸出をとりやめれば、韓国産業の生産活動がストップし、その分、競合する日本の輸出企業に恩恵がある、という側面もあるのかもしれません。●対韓輸出規制、韓国の生産ライン停止可能性 日本に余波も2019.7.2 21:05 産経新聞日本政府が発表した韓国への半導体材料の輸出規制強化により、素材分野での対日依存度が高い韓国経済が大きな影響を受けることは必至だ。韓国企業が保有する材料の在庫は3~4カ月分しかなく、生産ラインの停止も予想される。ただ、世界屈指のシェアを持つ韓国から半導体部品の出荷が滞れば、その供給を受ける日本メーカーへの余波も避けられない。韓国では日本から供給される半導体の材料や製造装置が占める割合は70%とされ、半導体で輸出全体の20%以上を占めるサムスン電子やSKハイニックス、LG電子などへの打撃が不可避とみられている。韓国企業も材料を供給しているが、日本製品の品質の高さも加わり、「日本企業の技術力に追いつけない」のが現状だ。各企業が現在確保する材料の在庫は約1カ月分で、完成品の在庫を加えても3~4カ月しか持ちこたえられない。工場の生産ラインが停止する可能性も指摘されている。韓国政府は世界貿易機関WTOへの提訴を検討しているが、結論が出るまでには1年半~2年かかり、韓国にとっては勝訴した場合の利益よりもその間に生じる損失の方が膨大になりそうだ。一方、日本側も無傷ではいられない。スマートフォンやテレビなどの画面に使用される有機ELパネルの世界シェアは、サムスンやLGといった韓国企業が圧倒的なシェアを占める。スマホやデータセンターのデータ保存に使うNAND型フラッシュメモリーでもサムスンやSKハイニックスなど韓国企業が強い。これらの部品を使って製造する日本の電機メーカーの生産計画に狂いが生じる可能性があり、「個別の調達先はお答えしていないが事態を注視している」パナソニックという状況だ。日本総合研究所の向山英彦上席主任研究員は「韓国の半導体メモリー輸出先は中国?香港が約8割を占め日本向けは1割にも満たないが今回の規制強化で中国での生産に影響が出れば中国に進出する日本企業にも波及するだろう」と指摘している。●日本「対韓制裁」発動で韓国ハイテク壊滅!? 輸出規制強化でサムスン、LGなど大打撃か 専門家「日本は臨戦態勢に入った」 2019.7.1 夕刊フジいわゆる「元徴用工」訴訟での異常判決など反日政策を続ける韓国に対し、日本政府が1日、「制裁発動」を正式発表した。半導体などの製造過程で必要な素材3品目について、韓国への輸出規制を4日から強化する。これらの素材が確保できなければ韓国のハイテク産業にとって壊滅的な打撃となりかねず、聯合ニュースは、製造業に「大きな打撃」を及ぼす恐れがあると伝えた。専門家は「日本は臨戦態勢に入った」と指摘する。規制が強化されるのは、テレビやスマートフォンの有機ELディスプレーに使われる「フッ化ポリイミド」や、半導体の製造過程で不可欠な「レジスト」と「エッチングガス高純度フッ化水素」。フッ化ポリイミドとレジストは日本が世界の全生産量の約9割、エッチングガスは約7割を占める。3品目は軍事転用が容易だが、韓国には手続きの簡略化など優遇措置を取っていた。日本政府はこれを今月4日から契約ごとの輸出許可に切り替える。許可の申請や審査には90日間程度を要することになるという。規制が厳しくなれば、半導体大手の「サムスン電子」や、有機ELテレビを手がける「LGエレクトロニクス」など韓国企業にも影響が及ぶとみられる。朝鮮日報は、半導体関連企業の3品目の在庫は1カ月程度とし、規制が今月中に始まり、日本からの輸出が止まった場合、8月にも生産への影響が出始めると指摘した。政府は同時に、先端材料などの輸出について、輸出許可の申請が免除されている外為法の優遇制度「ホワイト国」から韓国を除外する。8月1日をめどに運用を始め、除外後は個別の出荷ごとに輸出許可の取得を義務づける。ホワイト国は安全保障上、日本が友好国と認める米国や英国など計27カ国あり、韓国は2004年に指定された。官邸周辺によると、日本政府は規制強化について、米政府に事前に伝達済みだという。韓国情勢に詳しいジャーナリストの室谷克実氏は「現状では輸出の制度を変更したということにすぎないが、『ホワイト国』から外したということは、日本がいざとなれば輸出制限を課すことができるようになったということでもあり、臨戦態勢に入ったといえる」「次の措置として輸出を禁止することになれば、韓国に相当のダメージがあるだろう」と話す。二の矢、三の矢もあるのか。●半導体材料の対韓輸出を規制 政府 徴用工問題に対抗 来月4日から2019.6.30 10:44 産経新聞政府は、韓国への輸出管理の運用を見直し、テレビやスマートフォンの有機ELディスプレー部分に使われる「フッ化ポリイミド」や、半導体の製造過程で不可欠な「レジスト」と「エッチングガス高純度フッ化水素」の計3品目の輸出規制を7月4日から強化する。いわゆる徴用工訴訟をめぐり、韓国側が関係改善に向けた具体的な対応を示さないことへの事実上の対抗措置。発動されれば、韓国経済に悪影響が生じる可能性がある。7月1日に発表する。政府は同時に、先端材料などの輸出について、輸出許可の申請が免除されている外為法の優遇制度「ホワイト国」から韓国を除外する。7月1日から約1カ月間、パブリックコメントを実施し、8月1日をめどに運用を始める。除外後は個別の出荷ごとに国の輸出許可の取得を義務づける。ホワイト国は安全保障上日本が友好国と認める米国や英国など計27カ国あり、韓国は平成16年に指定された。輸出を規制する3品目は、いずれも軍事転用が容易だが、これまで韓国には手続きの簡略化など優遇措置を取っていた。日本政府はこれを7月4日から契約ごとに輸出許可に切り替える。許可の申請や審査には90日間程度を要することになるという。フッ化ポリイミドとレジストは世界の全生産量の約9割、エッチングガスは約7割を日本が占める。世界の半導体企業は日本からの輸入が多く、急に代替先を確保するのは困難とされる。規制が厳しくなれば、半導体大手の「サムスン電子」や薄型で高精細なテレビで先行する「LGエレクトロニクス」など韓国を代表する企業にも波及するとみられる。いわゆる徴用工訴訟に関する韓国最高裁判決をめぐり、日本側は日韓請求権協定に基づく仲裁委員会の設置を求めたが、韓国は問題解決に向けた対応策を示さないため、日本政府が事実上の対抗措置に踏み切った。経済産業省は一連の輸出規制について「日韓関係が著しく損なわれたと言わざるを得ない状況で、信頼関係の下に輸出管理に取り組むことが困難になっている」と説明している。●動かぬ韓国に強い措置 輸出規制G20までに対策示されず 産経新聞政府が韓国向けの先端材料の輸出体制を厳格化するのは、いわゆる徴用工訴訟をめぐる韓国最高裁判決をはじめ、国際約束を破り続ける韓国の文在寅政権が、今後も言動を改める様子がないためだ。政府は文在寅氏も出席した2019年6月28、29両日の大阪での20カ国?地域G20首脳会議サミットを前に解決策を示すよう求めたが、なしのつぶてだった。これ以上、対応を期待しても日本企業に実害が及ぶのを回避することは難しく、強い措置を打ち出す必要があると判断した。徴用工訴訟をめぐり韓国最高裁が日本製鉄旧新日鉄住金に賠償を命じる確定判決を出してから、で丸8カ月となった。この間、日韓関係は「韓国が作り出した問題」外務省幹部でかつてなく悪化し、「非常に厳しい状況に直面」令和元年版『外交青書』している。政府は、判決は請求権問題の完全かつ最終的な解決を確認した昭和401965年の日韓請求権協定に明らかに反しているため、判決直後から国際法違反状態を是正するよう韓国政府に求めている。日本政府は2019年1月、請求権協定に基づく2国間協議の要請に踏み切ったが、韓国政府は4カ月以上も応じないため協議では解決できないと判断し、2019年5月には請求権協定に規定された第三国を含む仲裁委員会の設置要請に切り替えた。その後も韓国政府は30日以内に仲裁委員を選任する協定上の義務を守らなかった。日本政府は3人の仲裁委員の指名を第三国に委ねる協定上の次の手続きをとるなど手順を踏んできたが、韓国側は無為無策のままだ。請求権協定違反を重ねている文在寅政権は、他にも慰安婦問題をめぐる日韓合意の中核である「和解?癒やし財団」の解散を決定し、合意を事実上、破棄した。2018年12月には韓国海軍艦艇が、海上自衛隊哨戒機に向けて火器管制レーダーを照射する危険な事故も起きた。に発表する規制強化は、事実上の韓国への対抗措置だと言える。この措置が実行されれば、韓国経済への影響は大きいとみられるが、政府は「韓国の自業自得」高官だと突き放している。◆資本財輸出禁止で韓国産業の息の根が止まる!?日本がいまだに韓国に対して幅広い分野で戦略物資を提供しているということであり、裏を返して言えば、日本政府がこれらの戦略物資の提供を停止すれば、韓国の産業の息の根が止まる可能性がある、ということでもあります。日本貿易振興機構JETROの韓国のページによると、日韓貿易は日本の一方的な黒字となっています2017年度。?日本から韓国への輸出…551億ドル?韓国から日本への輸出…268億ドル?日本の対韓貿易黒字…283億ドルまた、「日本の主要輸出品目」は、半導体製造装置、半導体、プラスチック製品、鉄鋼板、フラットパネルディスプレー製造装置、基礎留分、精密化学原料、光学機器、原動機およびポンプ、計測制御分析器とありますが、要するに資本財生産するための装置などが中心です。分かりやすく言えば日本が韓国に産業用装置を輸出することで韓国が日本の代わりに産業生産活動を行い日本に283億ドルの貿易黒字をもたらしてくれているという状況です。もし日本がこれらの資本財について韓国への輸出を禁止してしまえばこの巨額の貿易黒字が失われてしまいます。つまり「日韓断交」したら日本にも大きな打撃が生じるのです。しかしそれと同時に日本から戦略物資が入って来なくなれば韓国経済の方がより大きな打撃を蒙ります。さらに意地悪な言い方をするならば日本が韓国への資本財の輸出をとりやめれば韓国産業の生産活動がストップしその分競合する日本の輸出企業に恩恵があるという側面もあるのかもしれません。韓国政府は世界貿易機関WTOへの提訴を検討しているが結論が出るまでには1年半~2年かかり韓国にとっては勝訴した場合の利益よりもその間に生じる損失の方が膨大になりそうだ。各企業が現在確保する材料の在庫は約1カ月分で完成品の在庫を加えても3~4カ月しか持ちこたえられない。日本政府はあくまで韓国への「優遇措置を廃止」したのでありWTOルールに反しないという主張だ。韓国政府の常套手段は反日世論を引き起こし日本側の譲歩を引き出すものだがこれに乗ってはならない。文在寅政権に国際法を順守させ元徴用工訴訟などで日本企業に実害が出ないようにするためにも他の優遇措置を廃止すべきだ。韓国側は日本の政治家ら有力者に手を回して水面下で動いているが決して引いてはならない。禁止でも規制強化でもありません。これまで韓国を友好国として扱い貿易手続きを簡略化してきましたが友好国としての扱いをやめて通常の申請手続きを経た貿易に戻しただけです。もちろん韓国がこれ以上日本や日本企業に被害を及ぼす行動を起こせばいつでも禁輸処置が取れると警告したのでしょう。その時は日本政府は禁輸と言わず申請書類に不備が有るといえば韓国側の問題で韓国は輸入できなくなります。WTO違反にもなりません。これが日本政府の考えです。●日本「対韓制裁」発動で韓国ハイテク壊滅!? 輸出規制強化でサムスン、LGなど大打撃か 専門家「日本は臨戦態勢に入った」 2019.7.1 夕刊フジいわゆる「元徴用工」訴訟での異常判決など反日政策を続ける韓国に対し、日本政府が1日、「制裁発動」を正式発表した。半導体などの製造過程で必要な素材3品目について、韓国への輸出規制を4日から強化する。これらの素材が確保できなければ韓国のハイテク産業にとって壊滅的な打撃となりかねず、聯合ニュースは、製造業に「大きな打撃」を及ぼす恐れがあると伝えた。専門家は「日本は臨戦態勢に入った」と指摘する。規制が強化されるのは、テレビやスマートフォンの有機ELディスプレーに使われる「フッ化ポリイミド」や、半導体の製造過程で不可欠な「レジスト」と「エッチングガス高純度フッ化水素」。フッ化ポリイミドとレジストは日本が世界の全生産量の約9割、エッチングガスは約7割を占める。3品目は軍事転用が容易だが、韓国には手続きの簡略化など優遇措置を取っていた。日本政府はこれを今月4日から契約ごとの輸出許可に切り替える。許可の申請や審査には90日間程度を要することになるという。規制が厳しくなれば、半導体大手の「サムスン電子」や、有機ELテレビを手がける「LGエレクトロニクス」など韓国企業にも影響が及ぶとみられる。朝鮮日報は、半導体関連企業の3品目の在庫は1カ月程度とし、規制が今月中に始まり、日本からの輸出が止まった場合、8月にも生産への影響が出始めると指摘した。政府は同時に、先端材料などの輸出について、輸出許可の申請が免除されている外為法の優遇制度「ホワイト国」から韓国を除外する。8月1日をめどに運用を始め、除外後は個別の出荷ごとに輸出許可の取得を義務づける。ホワイト国は安全保障上、日本が友好国と認める米国や英国など計27カ国あり、韓国は2004年に指定された。官邸周辺によると、日本政府は規制強化について、米政府に事前に伝達済みだという。韓国情勢に詳しいジャーナリストの室谷克実氏は「現状では輸出の制度を変更したということにすぎないが、『ホワイト国』から外したということは、日本がいざとなれば輸出制限を課すことができるようになったということでもあり、臨戦態勢に入ったといえる」「次の措置として輸出を禁止することになれば韓国に相当のダメージがあるだろう」と話す。二の矢、三の矢もあるのか。●半導体材料の対韓輸出を規制 政府 徴用工問題に対抗 来月4日から2019.6.30 10:44 産経新聞政府は、韓国への輸出管理の運用を見直し、テレビやスマートフォンの有機ELディスプレー部分に使われる「フッ化ポリイミド」や、半導体の製造過程で不可欠な「レジスト」と「エッチングガス高純度フッ化水素」の計3品目の輸出規制を7月4日から強化する。いわゆる徴用工訴訟をめぐり、韓国側が関係改善に向けた具体的な対応を示さないことへの事実上の対抗措置。発動されれば、韓国経済に悪影響が生じる可能性がある。7月1日に発表する。政府は同時に、先端材料などの輸出について、輸出許可の申請が免除されている外為法の優遇制度「ホワイト国」から韓国を除外する。7月1日から約1カ月間、パブリックコメントを実施し、8月1日をめどに運用を始める。除外後は個別の出荷ごとに国の輸出許可の取得を義務づける。ホワイト国は安全保障上日本が友好国と認める米国や英国など計27カ国あり、韓国は平成16年に指定された。輸出を規制する3品目は、いずれも軍事転用が容易だが、これまで韓国には手続きの簡略化など優遇措置を取っていた。日本政府はこれを7月4日から契約ごとに輸出許可に切り替える。許可の申請や審査には90日間程度を要することになるという。フッ化ポリイミドとレジストは世界の全生産量の約9割、エッチングガスは約7割を日本が占める。世界の半導体企業は日本からの輸入が多く、急に代替先を確保するのは困難とされる。規制が厳しくなれば、半導体大手の「サムスン電子」や薄型で高精細なテレビで先行する「LGエレクトロニクス」など韓国を代表する企業にも波及するとみられる。いわゆる徴用工訴訟に関する韓国最高裁判決をめぐり、日本側は日韓請求権協定に基づく仲裁委員会の設置を求めたが、韓国は問題解決に向けた対応策を示さないため、日本政府が事実上の対抗措置に踏み切った。経済産業省は一連の輸出規制について「日韓関係が著しく損なわれたと言わざるを得ない状況で、信頼関係の下に輸出管理に取り組むことが困難になっている」と説明している。●動かぬ韓国に強い措置 輸出規制G20までに対策示されず 産経新聞政府が韓国向けの先端材料の輸出体制を厳格化するのは、いわゆる徴用工訴訟をめぐる韓国最高裁判決をはじめ、国際約束を破り続ける韓国の文在寅政権が、今後も言動を改める様子がないためだ。政府は文在寅氏も出席した2019年6月28、29両日の大阪での20カ国?地域G20首脳会議サミットを前に解決策を示すよう求めたが、なしのつぶてだった。これ以上、対応を期待しても日本企業に実害が及ぶのを回避することは難しく、強い措置を打ち出す必要があると判断した。徴用工訴訟をめぐり韓国最高裁が日本製鉄旧新日鉄住金に賠償を命じる確定判決を出してから、で丸8カ月となった。この間、日韓関係は「韓国が作り出した問題」外務省幹部でかつてなく悪化し、「非常に厳しい状況に直面」令和元年版『外交青書』している。政府は、判決は請求権問題の完全かつ最終的な解決を確認した昭和401965年の日韓請求権協定に明らかに反しているため、判決直後から国際法違反状態を是正するよう韓国政府に求めている。日本政府は2019年1月、請求権協定に基づく2国間協議の要請に踏み切ったが、韓国政府は4カ月以上も応じないため協議では解決できないと判断し、2019年5月には請求権協定に規定された第三国を含む仲裁委員会の設置要請に切り替えた。その後も韓国政府は30日以内に仲裁委員を選任する協定上の義務を守らなかった。日本政府は3人の仲裁委員の指名を第三国に委ねる協定上の次の手続きをとるなど手順を踏んできたが、韓国側は無為無策のままだ。請求権協定違反を重ねている文在寅政権は、他にも慰安婦問題をめぐる日韓合意の中核である「和解?癒やし財団」の解散を決定し、合意を事実上、破棄した。2018年12月には韓国海軍艦艇が、海上自衛隊哨戒機に向けて火器管制レーダーを照射する危険な事故も起きた。に発表する規制強化は、事実上の韓国への対抗措置だと言える。この措置が実行されれば、韓国経済への影響は大きいとみられるが、政府は「韓国の自業自得」高官だと突き放している。◆資本財輸出禁止で韓国産業の息の根が止まる!?日本がいまだに韓国に対して幅広い分野で戦略物資を提供しているということであり、裏を返して言えば、日本政府がこれらの戦略物資の提供を停止すれば、韓国の産業の息の根が止まる可能性がある、ということでもあります。日本貿易振興機構JETROの韓国のページによると、日韓貿易は日本の一方的な黒字となっています2017年度。?日本から韓国への輸出…551億ドル?韓国から日本への輸出…268億ドル?日本の対韓貿易黒字…283億ドルまた、「日本の主要輸出品目」は、半導体製造装置、半導体、プラスチック製品、鉄鋼板、フラットパネルディスプレー製造装置、基礎留分、精密化学原料、光学機器、原動機およびポンプ、計測制御分析器とありますが、要するに資本財生産するための装置などが中心です。分かりやすく言えば日本が韓国に産業用装置を輸出することで韓国が日本の代わりに産業生産活動を行い日本に283億ドルの貿易黒字をもたらしてくれているという状況です。もし日本がこれらの資本財について韓国への輸出を禁止してしまえばこの巨額の貿易黒字が失われてしまいます。つまり「日韓断交」したら日本にも大きな打撃が生じるのです。しかしそれと同時に日本から戦略物資が入って来なくなれば韓国経済の方がより大きな打撃を蒙ります。さらに意地悪な言い方をするならば日本が韓国への資本財の輸出をとりやめれば韓国産業の生産活動がストップしその分競合する日本の輸出企業に恩恵があるという側面もあるのかもしれません。日本がいまだに韓国に対して幅広い分野で戦略物資を提供しているということであり、裏を返して言えば、日本政府がこれらの戦略物資の提供を停止すれば、韓国の産業の息の根が止まる可能性がある、ということでもあります。日本貿易振興機構JETROの韓国のページによると、日韓貿易は日本の一方的な黒字となっています2017年度。?日本から韓国への輸出…551億ドル?韓国から日本への輸出…268億ドル?日本の対韓貿易黒字…283億ドルまた、「日本の主要輸出品目」は、半導体製造装置、半導体、プラスチック製品、鉄鋼板、フラットパネルディスプレー製造装置、基礎留分、精密化学原料、光学機器、原動機およびポンプ、計測制御分析器とありますが、要するに資本財生産するための装置などが中心です。分かりやすく言えば、日本が韓国に産業用装置を輸出することで、韓国が日本の代わりに産業生産活動を行い、日本に283億ドルの貿易黒字をもたらしてくれているという状況です。もし日本がこれらの資本財について、韓国への輸出を禁止してしまえば、この巨額の貿易黒字が失われてしまいます。つまり、「日韓断交」したら、日本にも大きな打撃が生じるのです。しかし、それと同時に、日本から戦略物資が入って来なくなれば、韓国経済の方がより大きな打撃を蒙ります。さらに、意地悪な言い方をするならば、日本が韓国への資本財の輸出をとりやめれば、韓国産業の生産活動がストップし、その分、競合する日本の輸出企業に恩恵がある、という側面もあるのかもしれません。●フッ酸禁輸報道の真偽 資本財輸出を止めれば韓国産業壊滅も配信日時: 11:30 最終更新: 11:55カテゴリー : 時事, 韓国崩壊日本政府が韓国に対する制裁の一環として、半導体産業用のフッ酸の輸出禁止措置を導入したのではないかとする話題が、インターネット上で流れています。その情報源は韓国の『電子新聞』という業界紙の11月7日付の報道らしいのですが、それと同時に、よく調べていくと、日本から韓国への輸出品目は「資本財」が中心であり、仮に日本が韓国への資本財の禁輸措置を取れば、韓国産業は壊滅的打撃を蒙りかねない、という可能性があるのです。目次 [非表示]1 半導体産業用フッ酸輸出禁止報道の真偽2 徴用工判決との関係は?3 資本財輸出禁止で韓国産業の息の根が止まる!?◆半導体産業用フッ酸輸出禁止報道の真偽※ 11:55 追記:文章の推敲が足りず、冒頭に意味が通じない箇所があったため、当初公表版から少しだけ修正しております。日本の当局が産業用のフッ化水素いわゆるフッ酸についての輸出承認を取り消したのではないかとの報道が出ています当ウェブサイトでは先日から「韓国在住日本人」様など、皆様がコメントを寄せてくださっているため、第一報をご存知の方もいらっしゃるかもしれません。韓国メディア『電子新聞』韓国語版の報道によると、「日本の当局」がフッ酸の対韓輸出に「ブレーキ」を掛けたため、半導体業界を中心に需給の大混乱が予想される、としています。半導体業界フッ酸需給大乱生じるのか… 日本当局の輸出ブレーキ付 電子新聞より韓国語リンク先の記事は韓国語であり、かつ、文章はかなり読み辛いのですが、翻訳エンジンなどを活用して日本語に置き換え、さらに私の文責で語順を整理し、日本語を整えたうえで箇条書きをすると、だいたい次のような内容です。?日本政府は最近、フッ酸の韓国への輸出許可を見送ったことが判明した?半導体産業関係者が7日明らかにしたところによれば、輸出許可が得られなかったのは、サムスン電子、SKハイニックスなどの半導体メーカーに供給される予定のA社のフッ酸であり、半導体業界ではすでに原料供給の逼迫が生じている?フッ酸は半導体製造の原料として使われるものだが、戦略物資に分類されており、輸出入のためには当局の事前承認が必要とされており、使用量から供給先まで詳細を当局に報告した後、承認を受けている?業界では日本が戦略物資であるフッ酸の韓国への輸出に急ブレーキをかけたとの見方も広まっている?日本政府がA社に輸出許可を与えなかった理由については確認されていないが、半導体業界ではその背景について神経を尖らせているつまり、理由はよくわからないが、日本政府が半導体産業用のフッ酸の韓国への輸出を承認しなかったという事件が発生した、ということですね。『電子新聞』によれば、フッ酸は金や白金を除くほとんどの金属を溶かすという腐食性の強さを利用して、半導体ウェハーの洗浄工程に使用されるため、フッ酸が不足すれば、ただちに韓国の半導体製造には支障が生じるほどの重要物資だそうです。そして、半導体用のフッ酸は高い純度が求められますが、これらの高純度フッ酸は日本企業が独占的に生産しており、『電子新聞』は「これらの供給が中断された場合、韓国国内の半導体工場は稼動を中断しなければならないほど依存度が非常に高い」としています。◆徴用工判決との関係は?実は、私自身、この話題についていろいろ調べてみたのですが、情報源はこの韓国メディア『電子新聞』のものしかなく、詳細については確認できていません。まず、本件を10月30日の「徴用工判決」との関係だと見るのは早急です。というのも、「徴用工判決」と「フッ酸禁輸?事件」との前後関係がわからないからです。『電子新聞』の報道では、「輸出承認が取り消された」のか「最初から許可が下りなかった」のかといった基本的な内容にも言及がなく、かつ、「輸出承認が下りなかった時期」がいつなのかという、非常に重要な情報についても欠落しています。ただ、時期について1つヒントがあるとすれば、記事の冒頭に「本紙10月26日付1面参照」という記述がある、という点でしょう。つまり、半導体用フッ酸不足については、『電子新聞』の紙媒体版が10月26日付の1面ですでに報じていた、ということです※ただし、該当する記事はウェブ版では確認できませんでした。つまり、「10月26日時点でフッ酸の禁輸事件が問題になっていた」というのであれば、「10月30日の徴用工判決を受けて日本政府が制裁としてフッ酸の輸出制限をかけた」というストーリーは、そもそも成り立ちません。実際、『電子新聞』の記事によれば、「申請書類の不備、管理の問題、以前に輸出を承認した際に事後的な問題が生じたこと」などが不承認の理由ではないかと韓国の半導体業界は説明しているのだそうであり、こうした説明が正しければ、フッ酸禁輸は「日韓関係悪化」が原因とは限りません。なお、「事後的に問題が生じたこと」とは、具体的に何のことを指しているのかもよくわかりませんが、韓国では今から6年前の2012年、大量のフッ酸が漏洩する事故が発生していますこれについては次の『中央日報』日本語版の記事もご参照ください。フッ酸ガス事故当時の映像を公開…過失が招いた惨事=韓国16時46分付 中央日報日本語版より◆資本財輸出禁止で韓国産業の息の根が止まる!?ただ、徴用工判決以外にも、旭日旗騒動や慰安婦財団解散など、ここ数ヵ月、日韓関係は緊張が続いています。今回の輸出制限という話題と徴用工判決の関係はよくわかりませんし、そもそも「日本政府が半導体産業用のフッ酸の輸出許可を取り消した」という話題が事実なのかどうかもよくわかりません。しかし、確実に言えることがあるとすれば、日本がいまだに韓国に対して幅広い分野で戦略物資を提供しているということであり、裏を返して言えば、日本政府がこれらの戦略物資の提供を停止すれば、韓国の産業の息の根が止まる可能性がある、ということでもあります。日本貿易振興機構JETROの韓国のページによると、日韓貿易は日本の一方的な黒字となっています2017年度。?日本から韓国への輸出…551億ドル?韓国から日本への輸出…268億ドル?日本の対韓貿易黒字…283億ドルまた、「日本の主要輸出品目」は、半導体製造装置、半導体、プラスチック製品、鉄鋼板、フラットパネルディスプレー製造装置、基礎留分、精密化学原料、光学機器、原動機およびポンプ、計測制御分析器とありますが、要するに資本財生産するための装置などが中心です。分かりやすく言えば、日本が韓国に産業用装置を輸出することで、韓国が日本の代わりに産業生産活動を行い、日本に283億ドルの貿易黒字をもたらしてくれているという状況です。もし日本がこれらの資本財について、韓国への輸出を禁止してしまえば、この巨額の貿易黒字が失われてしまいます。つまり、「日韓断交」したら、日本にも大きな打撃が生じるのです。しかし、それと同時に、日本から戦略物資が入って来なくなれば、韓国経済の方がより大きな打撃を蒙ります。さらに、意地悪な言い方をするならば、日本が韓国への資本財の輸出をとりやめれば、韓国産業の生産活動がストップし、その分、競合する日本の輸出企業に恩恵がある、という側面もあるのかもしれません。韓国のダメージは一時的なもので克服可能です。克服した後は日本企業の世界シェアを奪うでしょう。そのころには安倍政権は崩壊してるでしょう。規制と言っても停止とか数量制限がかかるわけではなく、特権を無くすという事だからねえ。アジアでは唯一だったそうだから、中国や台湾と同等に扱うという事だし。手続きは煩雑になて時間がかかるけれど、手続きは日本の会社がやるのだから、どれほどのダメージなのかはわからないけれど、韓国政府へのインパクトはあったと思う。輸出規制がされる関連企業に技術開発のための公的資金の投入がなされるそうだけど開発する前に企業が傾く。資金は開発より企業維持に使われ開発どころでは無いでしょう。韓国の主力輸出品、スマホの部品を規制しますからかなりのダメージなのは確か笑

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です