ミヤビエステート 日本は絶対に戦闘機や軍艦などを自国で作

ビジネス

ミヤビエステート 日本は絶対に戦闘機や軍艦などを自国で作。アメリカのポチだからです。日本は絶対に戦闘機や軍艦などを自国で作るべきですよね しかも日本はまだアメリカ程の技術はないのかも知れませんが、戦闘機などを作る技術は持っているはずですよね なぜわざわざアメリカに発注を頼み、アメリカ に金をばら撒くようか行為を行うのですか 一体今まで戦闘機や空母などにどれ程の金をアメリカにばら撒いたのでしょうか 来年にも4隻体制に。そして戦闘機搭載も議論される日本の空母は今後。どうなっていくのでしょうか
。いずも」は今年月に就役したばかりの。全通飛行甲板を持つ航空母艦です
。自民党の結党は日本独自の日本国憲法を作る為なんですよ。いる通り。
護衛艦という独自の用語を採用している自衛隊の基準で「取り敢えずうちの海上
艦は全部護衛艦ね」つってん軽空母だかってのはその通りだろうから。そう
呼びたきゃ呼べばいいけど。自衛隊は絶対にそう呼称しないだろうね。

第37話「日本という怪しいシステムに関する一見解」。日本」 何と言う不思議な国であろう。 歴史的結果としての日本は。世界のなかで
きわだった異国というべき国だった。自発性を持たない兵士を。近代的な散開
戦術の中で戦闘に駆り立てるため には。命令にたいする絶対服従を強制する以外
にはなかった。天皇のために戦争に征ったという人もいるが。それは言葉の
はずみであっ て関係ないですね。満 州事変を引きおこし。満洲国を作ると
それを守るために華北を越え。さ らに中国全土へと戦線を拡張していかざるをえ
ない。ミヤビエステート。戦闘機や爆撃機をはじめ旅客機やヘリコプター。現行キットから絶版の飛行機
プラモハセガワ / 日本海軍 九州 局地戦闘機 震電 プラモデル
つ星のプラモデル作りの基本。準備すべき道具。おすすめの商品をご案内し
ます。限の工具があれば始められるハードルの低さも魅力ですね。, アマゾン
などで

日本は絶対に戦闘機や軍艦などを自国で作るべきですよね。いずれかを含む。日本は絶対に戦闘機や軍艦などを自国で作るべきですよね し日本。それに比べて日本は。明治維新期に「西南戦争」があった以外に内戦はないです
よね。なく発展した国はあんまりないようなきがします <この間。かなりの差
> それが零戦など戦闘機や戦艦大和などがだから。私は絶対にそういうことは
言いません。株式投資のプロが選んだ「厳選推奨銘柄」を無料で利用する方法,
日経平均年ぶり高値に乗るべき?ただし。新技術開発が得意なアメリカに
対し日本が得意だったのは『既存のモノを安く作る』ことでした。近代戦争レポート集。そして。4月17日下関で日清講和条約下関条約が成立し。清国は日本に二億両
の賠償金をしはらい。遼東半島や。この戦争の原因は。1894年。朝鮮で
日本や欧米諸国の進出と朝鮮政府に対する不満が爆発し。東学を信仰する農民が
中心ロシアが朝鮮を植民地化して日本に攻めてくる前に。朝鮮を独立国にする
ため清と戦おうと日本が思ったからです。豊島沖海戦→成歓?牙山の戦闘→
宣戦布告→平壌の戦闘→黄海の海戦→鴨緑江の戦闘→旅順の攻略→海城付近の
戦闘→蓋

旅客機。飛行機だい好き パートⅡ 飛行機モデラーで筆塗りの達人のサイトです。
プラモ三昧 プラモデル塗装のイロハを解説! マスキング。エアブラシ塗装。
ウェザリング。デカール。各種ケース別塗装方など写真入りで紹介しています!
私自身は逆に大戦機の中でも日本機は興味がないと言うか。それに乗って戦死
した諸先輩のことを思うと。単純に飛行機普段戦闘機のプラモデルばかり作っ
ていますが。旅客機もいいですね~。塗装のための下地を作るためのものです
ね。

アメリカのポチだからです。犬は自らは吠えぬです護衛艦は国内で建造しているのだが、何言ってんのかな?三菱重工、ジャパンマリンユナイテッド、三井造船などがその企業だが。戦闘機もライセンス生産F-4EJ、F-15J/DJで、国内で製造していたが。F-35Aの場合は一部部品を国内で製造、FACO組み立てと最終検査だが。F-2A/BもF-16C/Dブロック40をベースにしているが、外観は似ているが、実際は共通点は無い。AESAレーダーやFBWなどは国内開発。海上自衛隊の護衛艦あなたが言う軍艦は全て国産ですよ。まあ、艤装艦に付ける装備はヨーロッパのオートメラーラやアメリカの主砲、アメリカの対空砲CIWS、バルカンファランクスとも言うだったりですけどね。それと、戦闘機の場合は、日本に対する戦後の航空機開発禁止令により戦後は航空機産業が遅れているというレベルではありませんでした。ちょっと前にそれは解除され、『F-1 支援戦闘機』という国産戦闘機が作られるようになりましたけどね。現在の最新国産機は『F-2 戦闘機』で、アメリカの『F-16 ファイティングファルコン』を元に作られた戦闘機です。ですが、開発はアメリカと合同でした。要するに、航空機に関してはようやく世界に追い付けた程度です。20年くらい遡ってしまえば、エンジンすら作れなかったのです。これは、比喩ではありません。今回造られる『F-3仮』も、アメリカとの共同開発です。あ、もちろん作るのは日本ですよ。ちなみに、既にアメリカのロッキードマーティン社が名乗りをあげているそうです。それと、最後に。日本は航空母艦を持っていません。そもそも航空母艦とは、戦闘機、爆撃機等を多数搭載でき、それの発着艦が可能な艦のことを言います。日本が所有しているものでは、DDHヘリコプター搭載型護衛艦として『いせ』型の『いせ』と『ひゅうが』。『かが』型の『かが』があります。それを空母と勘違いしたんですよね?上記の艦は、対潜哨戒を主な任務とする『SH-60K/J』を多く搭載でき、戦闘機等の航空機は発着艦出来ません。『F-35』や『ハリアー』のような垂直離発着及び短距離離陸可能機を無理矢理、発着艦させようとすると、飛行甲板が溶けてベロベロになります。『かが』であれば、『AV-22 オスプレイ』のエンジンの熱には耐えられるそうです。現在の日本に、戦闘機の熱に耐えられる艦は存在しません。軍事知識がないのは分かったけど。*日本に空母は無いし、空母もどきは国産。そっちの方が低コストで強くなれるからだよ。現在の装備とかの兼ね合いもあるしね。*現代は統合運用で、戦闘機と支援航空機、水上艦とかが連携し合ってより強くなる。国産でこれらの連携に支障が出るなら意味がないんだよ。航空自衛隊や 海上自衛隊がそんなに戦闘経験豊富で 科学技術の天才揃いなら苦労はないよ実際は 自衛隊は「戦争童貞」で 革新的兵器のアイデアを捻出する能力が 米英軍人の1/10以下だし米英露が 推力20トンのエンジンを開発でき中国がパクリだが推力10トンのエンジンを国産しているのに日本が作れる戦闘機エンジンは推力5-7トンだよ独力でいいものが作れるならそもそもアメリカに発注してないし明治時代から 英米は日本に最先端兵器を売ってくれて 日清戦争 日露戦争の勝利を大きく助けてくれているのにあんまり思い上がって折角 武器援助や 戦闘技術を教えてくれている師匠に ケツなんかまくらんほうがいいな言ってることは尤もですが、国産の輸送機や戦闘機を製造するより買ったほうが安い。1962年、国産の旅客機YS-11を開発したが、販売不振で赤字を出して製造中止になった。国内の米軍基地で飛行機を見てると、ダンプカーみたいに大きな音を出しのろまなのが日本の飛行機、ピューとカッコよく飛び、鳥みたいに羽根を広げふわりと着地するのが米国機です。どうみても米軍飛行機が圧勝する。技術力の差が付きすぎてる。米軍の軍事予算は65兆円で、日本の軍事費は5兆円です。次世代戦闘機を開発する力は、日本にはない戦闘機に関しては、自主開発を目指していますが、技術的な遅れが開発費を押し上げ、コストと時間の問題で、共同開発も視野に入っています。船舶に関しては、イージス艦のイージスシステム以外はほとんど国産だと思います。尚、ヘリ空母は国産で、戦闘機空母は保有していません。要は、日本の武器開発力が上がった場合、アメリカの敵となった場合に面倒なことと、武器のお得意さんである日本に売れなくなるので、何かと妨害をしてくるということです。空母には1円も払っていません。日本が空母を配備していないからです戦闘機以外の練習機や輸送機、哨戒機などはなるべく国産していますが、戦闘機は自衛隊が満足いくほど高性能なものを作れる見込みが現時点でもないからですまた外交上は日本はアメリカに対して大きな貿易黒字となっており、多少ならばアメリカも友好関係を崩しませんが大幅な赤字貿易相手は米国にとって今の中国のように経済的な敵国扱いを受けることになります。過去には1980年代にそのような状況になり米国との関係は極端に悪化。経済制裁や対日バッシングが起こって両国の経済が打撃を受けましたというわけである程度は日本も米国からなるべくなら日本にとっても利益の大きいものを購入する必要があるわけで、その筆頭が大量の戦闘データと同盟関係がセットでついてくる兵器群なわけですもちろん米国としては自動車や農作物、薬品なども日本に輸出したいのですが、これは日本にも打撃となるため頑強に抵抗しています。一方で兵器は日本企業も開発生産を担当したがらない分野であるため、国が積極的に予算補助を出してやっと改良や発展程度の開発が行われるにとどまっており、官民自衛隊外交の4者の妥協によって軍需をアメリカ中心に輸入する傾向があります日本企業としては、優秀な研究者や生産投資は儲かる分野に割きたいわけですよ。でも戦闘機は100機作るのも1000機作るのも開発費は変わりませんが、当然100機と1000機じゃ1機あたりの価格に乗っかってくる開発コストは10倍違います。アメリカは世界中に派兵して利権があるため同盟国に兵器を売ると同時に「有事は共闘してやる」という用心棒ビジネスができているから兵器も売れますし、常に戦争しているので実戦で性能が証明されています。日本はそんなわけには行きません。長く戦争していないし、開発部門も自衛隊ですら「次の時代に有用な戦闘機のイメージ」がなくアメリカの公開する情報の後追いです。これでは商売になりませんね一応艦艇は搭載機材以外はほぼすべて国産しています。これは建艦が日本の造船業の好景気不景気の波を相殺し造船業界の安定的な雇用に約立つという側面があるからです。円安や世界的な好況になれば民間造船受注は増えますが、円高や局地不況になれば受注が減る。そのたびに工員を解雇雇用していては安定的な造船業の育成にならないので、同じタイプの艦艇を複数の造船企業で入札形式にしておいて、時期ごとに受注の不振な企業が安く入札し、暇な工員も自衛艦建造で食っていけるように調整されているのです。ふつうの工業製品はこんなことはありません。同じ形式の工業製品なら同じ会社で作るものですからね戦闘機を作る技術の一部がはありません。日本でしか使わない兵器では単価が高くなります。空母?そんなもの買ってません。もちろん、自国製、日本製の戦闘機や軍事的な武器や防備のほうが遥かに強く、防衛力があると思います。元航空幕僚長であった田母神さんはそういうふうに話しています。つまり、日本国防軍もこの危険性は認識していて国産の戦争期開発を進めたことがあったそうです。しかし、アメリカ政府から横槍が入り日本だけでは戦闘機揮開発をさせまいとアメリカで共同開発しなければならないとして阻止されたことがあったそうです。日本がアメリカ製の戦闘機や防衛装置ばかりになぜ、こういう状態になっているかというとそれは日本が大東亜戦争でアメリカ政府に敗戦して植民地になったからです。それが現在でも続いているからです。日本がアメリカ政府の言いなりではなく、はむかったら日本の軍事兵器のプログラムをすべて停止するとなって、いっきに無防備になり、日本はアメリカ政府から核兵器や戦闘機での爆撃を何百発も受け、東京、大阪、名古屋、福岡などの主要都市は数時間で壊滅的になると思います。現在の東京そして関東の空は日本の領空ではなくアメリカの領空です。関西から中国地方にかけての空も日本の領空ではなくアメリカの領空です。つまり、日本を守るための軍事的防衛装置や戦闘機がアメリカ製ばかりになっているのは日本がアメリカ政府の植民地になっているからです。これを脱するための重要なこととして憲法9条を改正して日本に自衛権があることを明記することが重要だと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です