ユーザーvoice 今私の実家からの送金毎月48万で家族

ベビー

ユーザーvoice 今私の実家からの送金毎月48万で家族。中西部や南部の州の田舎なら48万でなんとかなります。今私の実家からの送金、毎月48万で家族で途上国で暮らしています 途上国ですが物価高いです 学費や保険や医療など、不定期にかかるお金は別途もらえるので48万円には含まれません 10歳の子供と私と旦那三人で、毎月日本円48万で生活できる州はどこでしょうか 不意にかかる費用は、別途用立ててもらえます ユーザーvoice。毎月のおこづかいや実家への仕送りでを活用しているお二人に。
ならではの推しポイントをたくさん教えてアプリ内でお金を「はらう」のも「
もらう」のも10秒で完了; アプリ内で受け取ったお金をタダで銀行口座に送金
できる!わたしがよく使う機能は3つだけ。息子さんとのやりとり以外で。
家族間のお金のやりとりはありますか?両親は遠方で暮らしているので。それ
まではATMや銀行から振り込んでいたのですが。その手間がなくなり。かなり
楽になり

FPが答える別居の親への仕送りは贈与税の対象になりますか。年金生活で一人暮らしの母親に毎月万円の仕送りをしています。その母が
同居老親等以外のもの…万円 ?同居老親離れて暮らす親を扶養家族にする
ことで税金のかかる所得が減り。所得税の節税につながります。日米間の贈与の税金問題をズバリ解説。非課税贈与枠は年間万円までで。この金額は受贈者が米国居住者日本非
居住者であっても同様です。日本の居住者である親から。米国の居住者で
ある子への贈与において。米国の贈与税の対象となるのは。日本の親仕送りには税金がかかる。大学進学などにより一人暮らしする子供への仕送りなど。税金の心配なく毎月
生活費の受け渡しをしても大丈夫です。貯金額が万円に増えたので社会人
になってから自動車を購入した場合。贈与税が発生するので注意しなくてはいけ
ません。所得税の控除額は。同居しているなら万円。別居しているなら万
円です。 別居する海外に暮らす家族に仕送りする場合は。年末調査などの際に
「親族関係書類」と「送金関係書類」を提示しなくてはいけません。

親への仕送りの平均額は。親へ仕送りをしている人の仕送り平均額は月に円ですが。仕送りをして
いる人の割合は少ないのが現状です。現役を引退して。年金暮らしをしている
親がいる場合。少しでもゆとりのある生活を送ってもらうためにと。親孝行の
親子間など家族には相互扶養義務というものがあり。生活にあたって必要なお金
を仕送りするのは当然のこと円。住民税が万円控除され。歳以上の別居の
場合は所得税万円。住民税万円が控除されることになります。

中西部や南部の州の田舎なら48万でなんとかなります。アメリカに永い者です月額ざっと4,500ドルですね所得税を取られずその全部を費えるのですからオレゴン州のように消費税の無いところなら可能でしょうただ健康保険はメッチャ高い親子3人なら家賃以上?ことを覚悟なさってくださいたぶん約4500ドルもあれば、アメリカでもマンハッタンやサンフランシスコ、ハワイ等を除けば、大体の所で生活できると思います。まず三分の一が住居費にかけると仮定しても1500ドル以内のアパートが借りられますから、田舎の街なら大抵の場所で、ロサンゼルス等の大都市でもそれぐらいの額を出せばアパートを見つける事は可能です。残り3000ドルですが、学費も保険も医療もかからないのであれば、残りは食費、光熱費、通信費、交通費車の維持費と衣料品費ぐらいでしょうか。食費も毎日高級レストランで外食していたら3000ドルじゃ足りなくなるでしょうが、週に1回程度の外食で、後は自炊ならば十分に数百ドルで収まります。光熱費も数百ドル以内で収まります。通信費携帯代、インターネット代、ケーブルテレビ代等も数百ドル以内で収まります。車の維持費もガソリン代やその他諸々を足したとしても、月に数百ドル以内で収まります。衣料品費も無駄な物高級品を買わなければ、普通に数百ドル以内で収まります。上記5カテゴリを足しても3000ドル以内には収まります。ちなみに、物価の安い生活費の安い上位5州は下の順位のようになっています。出典はこちら==>https://www.missourieconomy.org/indicators/cost_of_living/1. ミシシッピー州2. アーカンソー州3. オクラホマ州4. ミズーリ州5. ニューメキシコ州逆に物価の高い生活費の高い上位5州は下の順位のようになっています。1. ハワイ州2. ワシントンDC3. カリフォルニア州4. ニューヨーク州5. オレゴン州この様に、生活費の安い州は大抵「田舎の州」で、逆に都会の州は生活費が高いです。添付の画像は生活費の高さを表しています。赤→オレンジ→黄色→緑の順で高→低となっています。学費や医療費が別なら、田舎の州、オハイオとかアイダホ、ケンタッキー,ミズリー、ユタ、ミシガンなどでは暮らせるよ。ニューヨーク州も田舎の村なら暮らせる、市街地やサンフランシスコじゃ、家賃で大半が飛ぶけどね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です