三菱UFJ?三井住友銀 メガ銀行のATM相互開放が決まり

タレント

三菱UFJ?三井住友銀 メガ銀行のATM相互開放が決まり。コンビニ系銀行には良い方にも悪い方にも少なからず影響は与えます。メガ銀行のATM相互開放が決まりましたが
これはセブン銀行に影響を与えますか
メガ銀行はよほど経営が苦しい 三菱UFJ?三井住友銀。みずほも入れてくれー。と思いましたが。記事の最後にシステム統合がネックで
遅れているだけで。加わる見込みとあり。安心しました電子マネーを駆使してもその他の提携金融機関のキャッシュカードでのお取引。を紹介しています。店番号やの営業時間。所在地が確認できるだけでなく
。土曜日営業店。店舗の統合情報なども紹介しています。表三菱銀行
?セブン銀行のキャッシュカードでのサービス一覧 拡大画像を表示する -。ご
利用

コンビニ系銀行には良い方にも悪い方にも少なからず影響は与えます。メガ銀がATMを相互解放すれば、自ずとATM数を減らすので、不便に感じた顧客がコンビニ系ATMに流れる可能性はあります。一方で、メガ銀が現在導入しているコンビニATM手数料優遇の政策が、今後メガ銀の相互解放によって優遇政策打切りにする可能性も十分ありコンビニ系ATMからの顧客離れを招く可能性もあります。メガ銀は今現在経営が苦しいのではなく、効率化の推進が1番の要因です。まあそれは今後苦しくなるであろうという見通しのための対応策である事には間違いないですが。現に三菱UFJはこの第二四半期の決算では過去最高益を出しています。全然苦しくないですコスト削減を進め、さらなる利益追求の為ですまあセブン銀行はいろんな会社と連携してますしでも完全無料開放にならないしセブン銀行と1万台ぐらい差をつけてます地方銀行信託銀行ろうきんJAクレジットカード証券会社交通系ICカードチャージ保険会社など大して影響ないと思いますよ。経営苦しいというより、無駄を省くためだと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です