今でも忘れない 小2の妹の好きなことをそんなのはいけない

ヘルス

今でも忘れない 小2の妹の好きなことをそんなのはいけない。理解のあるご兄弟がいるだけでも、妹さんはかなり救われてると思います。小2の妹の好きなことを「そんなのはいけない」と否定する親について 相談に乗って頂きたいです 私は23歳 大学生です(医学部のため、まだ学生です) 私には妹1人、弟3人 おり、末っ子が小2で、女の子です 妹は仏像や、神社、お寺、遺跡、国宝などが大好きです また、日本の歴史もとても好きです 妹が4歳のとき、一番上の弟(今は大学生です)の高校の日本史の資料集を妹がたまたま見て、仏像や、神社、お寺などに興味をもちはじめました それからどんどんハマり、祖父母に本を買ってもらうときも、仏像の本だったり、古都の写真集 を買ってもらっています 小学生になり、もっと詳しく知りたいと思ったようで、弟の資料集の読めない漢字や、本の読めない漢字を全て調べて、読んでいます 小1の終わり頃から、「日本史をちゃんと知った方がもっと正しく理解ができるはず」と言って、弟の使わなくなった日本史の教科書をもらったり、図書館で本を借りてきたりして学んでいるようです 両親は「そういうのはおかしい もっと、まともなものを好きになったら ゲームとか、ぬいぐるみとか」と言います 妹が「誕生日(5月)プレゼントはいらないから、10月に東京国立博物館である正倉院展に連れて行って」と母に言っても、「ダメ」と言い、結局ぬいぐるみをプレゼントしていました(東京に住んでいて、30分で行けます 私が連れて行こうと思っています) 妹が、母に「これはね、こういうのでね、、、」と仏像の説明をしても、「そういうことを外で言っちゃダメだからね 友達がいなくなるよ」と言います 妹が悲しそうな顔をするのを見るのがとても辛いです 「私に教えて」と妹に言うと、喜んで教えてくれます 妹が「奈良と京都に行きたい」と前々から言っていたので、私がバイトして貯めたお金で、半年ほど前に妹と2人で行きました 妹はとても喜んでいて、行ってよかったと思いました しかし、父から「??(私)のせいでますます(妹が)変な子になる 本当にやめて」と言われました 「ママ、私ね、元号ね、大化から令和まで全部覚えたよ 聞いててね」と先日言っていたらしいのですが、母は全く聞いておらず、「そんなのできても役には立たないよ」と言っていたと、弟から聞いて悲しくなりました 弟が聞いたら、正しく全て覚えていたと言っていました(弟は、紙を見ていたそうです) 妹は上記のことにハマって、他のことをしないというわけではなく、習い事(塾、ピアノ、水泳、書道)も学校も休まずに行き、学校の宿題も必ずやります 勉強もよくできるようです 習い事のない日は放課後、友達と遊んでいます 祖父母も、私も弟も、妹の好きなことがおかしいと思ったことはありません それなのに、両親は嫌がります どうしたら良いのでしょうか 自己肯定感が低い原因5つと。という関わりがあまりに多いと自己肯定感は低くなりますし。自分で選択する
機会が多かったり。どう思うのか?服似合うね」や「仕事が的確だね」等。
肯定的な言葉をかけられたら。「いやいやそんな事ないですよ」と否定するの
お勧めはご自身の好きなことですが。落ち込みが強い時は好きなことをやろう
という気も起きませんので。まずは自分を過剰に否定してしまう; 自分の自己
肯定感の低さが子供に影響している; いい両親と思い込む人に強い怒りと

小2の妹の好きなことをそんなのはいけないと否定する親。小の妹の好きなことをそんなのはいけないと否定する親。不登校関連相談,相談
掲示板親の。小の妹の好きなことをそんなのはいけないと否定する親について子どもに絶対言ってはいけない?全否定3要素?。私は。小学生のときに先生に言われた言葉で。忘れられない一言があります。
ある日の授業で。先生が出した問題に私が手を挙げて答えたときのことです。
それは正解だったのですが。その直後。先生が「隣の○○の答え…今でも忘れない。同性同士である母と娘は友達のような関係になれたりする一方。言いたいことを
言い過ぎてしまうこともしばしば……。 ?「小学生のころ母に『仕事がんばって
ね』と言ったら。『頑張れって言うだけなら誰でもできる』と

親から人格を否定する言葉をぶつけられると。このような人格を否定する言葉をぶつけられた子は。深く傷つき。トラウマに
なる可能性があります。 ほかならぬ自分の親に。「頭では「そんなことはない
」と否定しても。完全に打ち消すことができません。 こういう状態が進むと。
自分子どもの頃の育てられ方に疑問。子どもの頃は自分が育てられている環境を。当たり前のものとして受け入れる
ことでしょう。姉としてきちんと下に教育してないから下人が喧嘩してるん
だって。なんで私貰えないのに「ありがとう」とか言わないといけないのかと
疑問だった。納得いかないってわけではないけど。いろんなことに対して
進路などに限らず日常の些細なことも選んで欲しいものがある子どもの頃に
。人格を否定するような言葉を親から言われたというママもいました。

親の言うことを聞かないのはナゼ。しかし。子どもが親の言うことを聞かないのには理由があるということを理解し
ている人は。少ないかもしれませそして。自己肯定感やしつけを土台にする
ことで。初めて「勉強」が可能になるとのこと。前出の明橋氏は。~歳。
~歳。~歳で子どものイヤイヤにも違う傾向がみられると述べます。
例何がいけないのか理由を言わず。感情的に叱るそんなとき。「やっぱり
ひとりじゃできないじゃない」と否定的な言葉をかけるのもです。こんな娘死んでしまえばいいと思うのは間違いでしょうか。私の子育てが間違っていたのは否定できません。ご両親への暴言。暴力。
わがまま。やり返されたり都合が悪くなると過呼吸になってしまう。自分の
間違いは人のせい。壁に穴をですがもし。すでにそんな事をする元気も気力も
ない。すでに何度も話し合いをした。などで娘さんと離れる事だけをお考えなら
ば。中途半端な事をするよりも。一つ屋根の下に暮らす事を諦めるほかないと
思います。とくに下の人が…過呼吸なろうが戦わなければいけない出来事
もあります。

小2の妹の好きなことをそんなのはいけないと否定する親の画像。あなたを苦しめる幼少期の「13の禁止令」。「自分がやらねば!」という責任感が強い余り。それが足かせになることもある
のだ。 「成長するな」「親から自立してはいけない」 と逆で。「
全部お母さんが

理解のあるご兄弟がいるだけでも、妹さんはかなり救われてると思います。世の中にはご両親のように、平均から良い悪いは別として外れた人に対し否定的な感覚を覚える人はいますし、その考えを変えることはなかなか難しいです。でも質問者さんをはじめとしたご兄弟や祖父母がいれば妹さんは大丈夫です。身近な理解者として支えてあげてください。それにしても凄い妹さんですね。質問文読むだけでも強い探究心や人に説明できるほどの理解力、記憶力も小2とは思えないレベルなんだろうなと伝わってきます。ご両親のことは少し残念だけど、才能をたくさん伸ばしてあげられたらいいですね!ご両親にしたら、大して役にも立たないことだと思っている上に、子どもらしくないと思われてるから不安なのだと思います。小学2年生というとまだまだ子どもというか、幼稚園や保育園児とそんなに変わらない子も多いですし、ゲームに没頭したりそういう「子どもらしさ、女の子らしさ」がないことを気にされてるのだと思います。また、ご両親に全く興味がないのであれば、つまらないし楽しくもないし、それの何が偉いの?凄いの?なんて思われてるかもしれません。生きていくうえで直接必要ということはないかもしれませんし、それで食べていけるかというと分かりません。でも、何か突出して能力が長けているのであれば、そこは妹さんの特技として大いに認め、伸ばしてあげたらと思います。それに、妹さんだってバカじゃないから、お友達にやたらに仏像などの話をしているとは思いません。親だから、聴いて欲しいだけのことをそのように自分が興味ない、変だという思いがあるから制限するのはちょっと違うと思います。親が認めないのはかわいそうだけど、その分、祖父母や質問者様が認めて伸ばしていけばいいと思いますよ。何の能力もない息子を持つ親としては非常に羨ましいですが。東京国立博物館に是非連れていってあげてください。末っ子さんも理解あるきょうだいに囲まれて幸せです。ご両親も末っ子さんの幸せを考えていらっしゃいます。もしかしたら天才的な一部をみて、発達障害かも?と心配されているのではないでしょうか?だから「変な子になる、やめてほしい」と言われているのでは?発達障害は何ら悪いことでも何でもないのですが、昨今のニュースで報道される事件の容疑者?犯人が「発達障害」と報道されることで、周囲に「発達障害=犯罪者犯罪予備軍」のレッテルを貼られてはかわいそう、だから周囲から「変な子」に見られないようにして欲しい、と親御さんなりに心配されているのかと推測します。そのため家に友達が来た時に、仏像グッズがあるよりはぬいぐるみがあった方が良い、と思われたのでしょう。長女さんが医学部との事。この機会に、ご両親と話してみてがいかがですか?日本では「人と同じこと」「協調性」が重視されますが、欧米ではギフテッドを誇りに思う人は多いです。末っ子さんのためにも興味あることは伸ばしてあげよう、って話してみると良いですよ。おおお、仏像女子ですね。私もそうでした。私は仏教そのものを求めていて、初めて買った本が「おしゃかさま」で、親に驚かれました。妹さんと同じ年です。親は、この子は変なことにハマってしまう子供だと思ったようで、よく叱られ警戒されました。親も毎日、仏壇にお線香を上げていたのにね今では毎週教会に行く、クリスチャンです^-^日本は90年代に、オウム真理教の事件がおこってから、「宗教」は危険なものと警戒されるようになってしまいました。70年代以降に生まれた方は無宗教と称する方が大半です。戦後核家族化で、きちんとした宗教というより信仰を教えられなかった、伝えられなかった世代です。オウム事件をきっかけに、シュウキョウは考えを束縛し、全財産を寄付させる、得体のしれないオソロシイもの、という認識が行き渡りました。だから、ご両親は、ゆくゆくそんなものにハマって欲しくないのだと思います。また、年齢相応のものに関心を持ってほしい、学校で変な子だとイジメの対象にならないか心配しておられるのだと思います。素晴らしい妹さんですね。親御さんを変えるのは難しそうなので、お姉さん、お兄さん、祖父母さんが理解を示してあげればいいと思います。親御さんが無理矢理やめさせようとするならば守ってあげて欲しいです。表面上やめさせられたとしても、こっそり学び続けられるようにしてあげて欲しいです。ムーミンに出てくるスナフキンの言葉で、『大切なのは、自分のしたいことを自分で知ってるってことだよ』というのがあります。自分のしたいことを見つけられた妹さんすごいと思います。子供のやることに否定する親は許せませんね。自分がそうだったように。習い事や勉強がちゃんと出来るなら妹の趣味?を許してあげてよ、学校の友達とも習い事のない日は仲良く遊んでるんだよと、言い続けるのがご自身のできることではないかと。そういう専門家になるかもしれないしもう小2の子供だし、根気強く親をだまし抜いてると反抗期なんてすぐ来るから妹さんも親に何かしら言うかもしれません。妹さんも自分の道くらい自分で見つけるから弟さんとも協力しながら騙し抜いてたりした方が最善かと親御さんにはこうなってほしいという理想があるんでしょうね。こういう気持ちって親にならないとわからないもので子供にどうなってほしい、こうあってほしいというのは人それぞれです。多分、妹さんの趣味は平均的な子の趣味と少し違った事に違和感を感じているんでしょう。質問者様がなんでわかってくれないの?となっているのと同じで親御さんもなんで親の気持ちがわかってくれないの?と思っているでしょうね。親なんて言わせておけばいいと思います。その事を出して色々言われるなら親の前ではその話をしなければいいだけです。妹さんが小さいので無理かもしれませんが…。祖父母の所にみんなで行けばどうでしょう。好きなことを否定する親はおかしいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です