健康保険法 保険法の問題です お願いします 令和元年5月

タレント

健康保険法 保険法の問題です お願いします 令和元年5月。①『令和元年5月1日、被保険者Aが自動車で外出して行方不明になり、保険金受取人Xは、同年12月1日、Aの失踪による死亡保険金の支払いを保険者Yに対して請求し、Yは、A死亡の事実が確認できないとして保険金の支払いを拒絶した。保険法の問題です お願いします

令和元年5月1日、被保険者Aが自動車で外出して行方不明になり、保険金受取人Xは、同年12月1日、Aの失踪による死亡保険金の支払いを保険者Yに対して請求し、Yは、A死亡の事実が確認 できないとして保険金の支払いを拒絶した 令和5年10月1日になって、日本海に沿った県道に近い海中から、転落した自動車が発見され、その中にAの遺体が発見された Aの死亡時期は失踪直後と推定されている 警察の現場検証調書を同月10日にYは入手した 生命保険金債権の履行期はいつか この債権が時効により消滅するのはいつか 令和元年度。また。御発言を終えられた際には再度ボタンを押していただき。ランプを消灯
するようにお願いします。まず番目ですが。農業保険法に基づいて農業共済
における農作物共済。家畜共済。果樹共済。畑作物共済。園芸施設共済。昨年
から変わったところとすれば。今段階制を進めておりまして。この月日に
青森県と岡山県と宮崎県の県については。価格は一緒ということにしてい
ますので。現場において動物薬が少なくなって問題が生じるのではないか

年金制度の機能強化のための国民年金法等の一部を改正する法律案。施行はまだ先ですが。会期期限が令和年月日とされている第回通常国会
において可決成立令和年月日となった「③労働政策審議会職業安定分科
会雇用対策基本問題部会において公表された「雇用保険法等の一部を改正する
法律案①厚生労働省年金局より。令和元年月日開催の社会保障審議会年金
部会に提示された資料その他の制度改正事項は「確定拠出年金法等の一部を
改正する法律」に基づき創設されたもので。平成年月日から施行されてい
ます。?「医療保険制度の適正かつ効率的な運営を図るための健康保険法。医療保険制度の適正かつ効率的な運営を図るための健康保険法等の一部を改正
する法律令和元年法律第号。大臣が指定する金融機関」令和元年厚生労働省
告示第号が令和元年月日に公布?告示され。いずれも本日から施行され
たところです。下記のとおりですので。十分御了知の上。関係者。関係団体等
に対し。その周知徹底を図るとともに。その運用に遺漏なきようお願いいたし
ます。

日本年金機構。公的年金等の源泉徴収票をお送りします電話を利用した年金相談窓口の開設;
令和年月日発送令和年度の国民年金保険料納付書を
お送りします社会保険の手続きは電子申請が便利です日本年金機構の役員や
職員に対する謝礼金等は固くお断りしております。 ※万が一。職員等から謝礼金
等の求めがあった場合には。「法令等違反通報窓口」までご連絡くださいます
ようお願い健康保険法。本人確認時の健康保険証の取り扱いについて 健康保険法等の一部を改正する法律
令和元年法律 第号により。オンライン登録にて。本人確認書類として
健康保険証など顔写真のない公的書類は。それ以外にも本人であることを確認
できる公的書類などが必要です。平成年月日の住民基本台帳法。戸籍法の
改正により。住民票の写し?戸籍証明書などの交付請求や転入?転居?転出等の
届け出時に。届出人の本人確認ができるものの提示をお願いしています。

医療保険の被保険者等記号?番号等の告知要求制限について。医療保険制度の適正かつ効率的な運営を図るための健康保険法等の一部を改正
する法律令和元年法律第号により。令場合には。保険者番号及び被保険
者等記号?番号にあらかじめマスキングを施していただきますようにお願いし
ます。国民健康保険法の一部改正令和元年5月22日法律第9号〔第9条。新日本法規出版が運営する公式オンラインショップです。法律関連書籍?加除式
?電子書籍の販売。法令改正情報や裁判官検索等の法令情報をご提供。

①『令和元年5月1日、被保険者Aが自動車で外出して行方不明になり、保険金受取人Xは、同年12月1日、Aの失踪による死亡保険金の支払いを保険者Yに対して請求し、Yは、A死亡の事実が確認できないとして保険金の支払いを拒絶した。』→失踪してから半年しか経ってませんのでダメです。質問の場合ですと、確か7年経過しないとダメです。②『令和5年10月1日になって、日本海に沿った県道に近い海中から、転落した自動車が発見され、その中にAの遺体が発見された。Aの死亡時期は失踪直後と推定されている。警察の現場検証調書を同月10日にYは入手した。生命保険金債権の履行期はいつか。この債権が時効により消滅するのはいつか。』→保険金請求時効の話だと思います。質問の内容だと、保険金受取人のXがAの死亡の事実を知った日から3年です。保険者であるYがなぜ『現場検証調書』を取り寄せたのかわかりませんが、通常は警察からAの関係者へ連絡が行き受取人XがAの死亡を知り、保険者Yへ『死亡診断書』を添えて保険金請求しますから、保険者Yが『現場検証調書』を取り寄せた日からではありません。だったと???。A が加入していた生命保険契約に関して債権債務関係が発生しているわけではないので、生命保険債権という言葉は存在しない。またいつ保険金が払われるかということなら、警察の死亡検案書に不信な点や免責に該当する死因で無ければ、概ね1週間程度で払われるが、不信な点があれば、当分払われない。またこれは、保険法うんぬんの話しではなくて保険会社の支払い規定に拠るものと理解した方がいい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です