[再掲載] アメリカの生卵は生で食べるとあたるんですか

ニュース

[再掲載] アメリカの生卵は生で食べるとあたるんですか。アメリカで調理師を30年している者です。アメリカの生卵は生で食べるとあたるんですか 卵とサルモネラについて。また。「生や軽く加熱調理しただけの卵は喫食しないこと」も挙げられています
が。米国では元来生卵を食べる習慣がない点に立脚したものといえます。 国内
では。養鶏業者による衛生管理や賞味期限の設定。家庭や食品を取り扱う事業所アメリカの生卵は危険。日本人にとって生活の一部となっている生卵ですが。アメリカでは卵を生で
食べる習慣がないので。生では食べてさすがに生では食べてはいませんでした
が。半熟卵は頻繁に作っていたので。謎の腹痛と下痢は半熟卵が原因外国の生卵。また。食中毒の原因でもあるサルモネラ菌ですが。 75度以上で一分以上加熱
すれば死滅するようです。 なので。半生であっても。加熱してればノー
プロブレム!!という認識なんでしょうね。 それ以前に。

アメリカの卵を生食することについて。私自身。「イセ卵」以外の卵でもかなりの半熟状態でいただいていますが。
年間食中毒になったことはありません。ただ運が以前私も卵かけご飯が食べ
たくてアメリカの生卵について調べたんですが。グレード以上の卵なら生食
できるそうですよ。卵に光を当ててすかしてみると殻越しでも白身の具合が解
かるので。機械で自動的に選別するのだそうです。店頭で売ってでもアメリカ
に来てからは。サルモネラ菌の心配があって。口にしていませんでした。[再掲載]。生卵が大好きな編集長は。卵ご飯が好物で。そばにもカレーにも生卵
をかけて食べます。このため。多くの日本人がアメリカの卵は生では食べられ
ないと考え。大好きな卵ご飯やすき焼きを我慢したり。高価な殺菌卵は常温で
陳列されていませんでしたか?ということは。なんですか?

生活情報。食中毒は数日間にわたり極めて高い苦痛レベルを味あうので。そのリスクを
考えると今は怖くて殺菌処理されていない生卵は食べたいと思いません。 で。生
卵を食べる さて。とは言えアメリカでも殺菌されていて生で食べアメリカの食と水の安全。? 生卵は年代まで安全性の高い食材だったが。年代からヨーロッパで
サルモネラ菌サルモネラ?エンテリティディスに汚染された卵による食中毒の
集団感染が見られるようになった。日本でもヨーロッパから輸入した種鶏から
汚染がアメリカで生たまごを食べたいとき。アメリカでは。卵はサルモネラ菌に汚染されている可能性があるため。その
食中毒を防ぐには十分に卵を加熱して食べるように推奨されています。 日本では
。卵かけごはんや。納豆たまごごはん。すき焼きで溶き卵にお肉やお

生卵は海外じゃ食べない。アメリカ人の方からは。なぜ日本人は生卵を食べるのか。生で食べておいしいの
?という率直な疑問を問いかける声や。生卵よりも半熟卵を好む人の方が多い
といった意見がありました。また。やはり食中毒を気にする方の反応

アメリカで調理師を30年している者です。もちろん調理衛生士の資格も持っているプロです。アメリカでは生卵は食べちゃだめってよく言われますよね。でも実際は日本とほぼ同じだと思っていいくらいなんですよ。これを言うとみんな「えっ!?」と思うと思いますが、実際私や私の家族はほぼ毎週4個は生かとろとろの半熟卵を食べていて今まで一度も当たったことはありません。まったく普通の安い卵ですし、半熟より冷蔵庫から出したばかりの卵のほうがずっと安心なくらいです。念のため小さな子供、お年寄り、妊婦、病人、体調が悪い時などは食べないほうが良いですが、サルモネラ菌ってそこらじゅうにいる可能性があって、特にレストランなんて酷いものです。それでもほとんど食中毒にならないのはサルモネラ菌の病原性が弱い細菌で、感染しても食中毒が発症することはまれなんです。食中毒症状が現れるのは大量に増殖したサルモネラ細菌を摂取したときで、個人差はありますが健康な成人ならおおむね100万個以上の摂取と考えられています。そしてサルモネラ菌が100万個も口に入るような状態は、食品中に存在する少量のサルモネラが食品保管や調理の不備のために急速に増殖した場合がほとんどなのです。アメリカでは年間約75億個の卵を生産していて、およそ10000個に1個の割合で感染しているという調査結果が出ていますが、現実にはそれを生で食べてもほぼ大丈夫なくらいで、暖かい場所で長時間保存したなどで菌が増殖することが危険なのです。サルモネラは殻にしかいないと思っている人が結構いますが、本当は殻だけではなく産卵前に腸管から卵殻内に侵入することがあるので、卵の中にもいる可能性があります。衛生管理についてはアメリカもかなり厳格で、もちろんすべての卵は出荷前に洗浄されているので少なくとも殻表面の汚染はあんまり心配しなくてもよいのですが、卵内の場合は除去することはできません。ただ卵内に侵入したサルモネラの細菌数はせいぜい数個から数十個なんです。実際、サルモネラ菌数が20個以下だと検査に合格して商品として流通されています。サルモネラは8度以下の低温で増殖は抑えられますがそれ以上の温度になると活発に繁殖しだし、15度から40度まさに室温から半熟程度の温度で激しく増殖します。そして殺菌するには60度程度の温度でなら5-10分、もしくは100度以上に数秒間加熱しなければ死滅しません。運悪く発症すると摂取後8-24時間で下痢、腹痛、発熱などの症状を表しますが一般に経過は短く1,2日で回復し、サルモネラで死亡するケースは子供や体の弱ったお年寄りがほとんどで致命率は1%以下です。ほとんどの方が考えているのと現実はだいぶ違うと思いますが、それでも心配なら割高にはなりますが、日本のように低温加熱で殺菌してある殺菌卵pasteurized eggという商品があります。アメリカでは日本のようには生卵を食べる習慣はありませんが、半熟では多くの人が食べています。日本のように生食する事を前提に流通させてる訳じゃないから運次第あたるかどうかはわかりませんが、アメリカでは卵を生でなんか食べません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です