剰余の定理解説 整式px=x^3+2x^2+ax 1をx

ニュース

剰余の定理解説 整式px=x^3+2x^2+ax 1をx。px=x^3+2x^2+ax。整式p(x)=x^3+2x^2+ax 1をx 2で割った時の余りと、x+2で割った時の余りが等しい時、aの値と余りは何か、という問題の計算過程が分かりません 答えはa= 4、余り7です 剰余の定理解説。多項式を1次式?で割った余りはに等しい。 例 多項式=
++を1次式?で割る計算は右の例の計算で。右のような段階では+は
割る式?と同じ次数の1次式だから。この割り算はまだ終わっておらず計算の
途中である。たときの余りが求められ。の係数がでない1次式+で割った
ときの余りを求めるには。後で登場する剰余の定理 を整式を?で割ると
余り。?で割ると余るとき。を??で割ったときの余りを求めよ
。剰余の定理のちょっとした小手技。あとは翻訳された*を文章読解し。余り+を求めてみよう。,を求める
ためにはに適当な数値を代入して関係式を作ることになるけど。何を代入したら
整式を-で割った余りが。-で割った余りが+であるとき。

1。例1 整式 =-+- を次の1次式で割った余りを求めよ。 – +練習。練習 整式//を /-/^{} で割った余りが – であり- で
割った余りがであるとき, // ③で割ったときの商を//,
余りを // ー=/-/^{}_{}//+- ^{}++ と
すると, 次の等式が成り立つ。$//-/^{}$ $^{}$ ア,
た余ソ$/-/^{}$ $^{-}$ である$+$ $_{}$ から あて 等式$
$ 次

px=x^3+2x^2+ax-1をx-2で割った時の余り→p2x+2で割った時の余り→p-2が等しい→p2=p-2p2=8+8+2a-1=2a+15???①p-2=-8+8-2a-1=-2a-1???②①=②より2a+15=-2a-14a=-16a=-4 ①に代入する-8+15=7以上よりa=-4 余りは7???答これでどうでしょうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です