小日本主義の登場 小日本主義を唱えた石橋湛山は東洋経済新

ニュース

小日本主義の登場 小日本主義を唱えた石橋湛山は東洋経済新。これは大正3年11月15号の東洋経済新報の社説です。小日本主義を唱えた石橋湛山は、東洋経済新報で、「青島は断じて領有すべからず」という物を発表しているそうなのですが、これはいつ頃の時代でしょうか ?戦争の時などといった出来事に関連して教えていただけると 嬉しいです 「小日本主義」の登場。三浦銕太郎が「大日本主義か小日本主義か」を書いた翌一九一四年大正三六
月。第一次世界大戦の火の手が世界大戦に際して。さきの三浦銕太郎は「戦争
は避くべからざるか」『東洋経済新報』大正三年十一月二十五日?十二月五
との意味であり。湛山が唱える植民地全廃論に基づく満州放棄論とは異なってい
た」という増田一九九五。石。石橋湛山の満州放棄論 小降。領土拡張主義と保護主義を意味する大日本主義
に異議を唱え。 論に焦点を当てる。一貫して自由主義と民主主義と平和主義に
基づく小日本主義を掲げ 『新報』の湛山は。大正初期以降。中国の革命運動と
東洋経済新報』以下『新報』に依拠したその三五ではなぜ湛山は多くの日本人と
対座する言論。思想。中国認識をて明確に結びつけ。とくに植民地放棄の必要
を唱えた人物として。 お国内の民主主義勢力の成長に期待したこと。個世界経済

長谷川如是閑の小日本主義。まさに石橋湛山の代名詞として現在定着してい る。しかし,戦前にあっ年東洋
経済誌上に掲載された「大日本主義の幻 移行することを説いた如是閑の論文は,
湛山と湛山が植民地放棄を唱えた理由は政 の対中政策批判は歴史論的,文明論
的な色彩が放棄論は東洋経済新報のジャーナリストであっ に無理解で,国際法
的に合法だという理由で満 た湛山青島や済南への出兵を繰り返した。年
の国民石橋湛山。小日本主義」という言葉がある。 周知のとおり。石橋湛山が戦前。戦中を通じて
終始一貫して唱えたものである。この言葉を湛山が最初に用いたのは。若き石橋
湛山が。まだ「東洋経済新報」の切れ者経済評論者ではなく。同じ東洋経済新

石橋湛山。新聞社を経て年に東洋経済新報に入社。のちに社長。自由貿易こそ日本を
発展させるとして。武力による対外膨張政策を批判。植民をすべて放棄する「小
日本主義」を唱えるなど

これは大正3年11月15号の東洋経済新報の社説です。大正3年は1914年で第一次世界大戦が勃発した年です。日本は日英同盟から対独参戦し、9月にはチンタオ/山東省を占領しました。対処から昭和にかけて石橋のような深い見識を持った人がもっと多く出ていれば日本も変わっていったと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です