新たなる大国の興亡は人口動態から展望できる 日本国がアジ

アニメ

新たなる大国の興亡は人口動態から展望できる 日本国がアジ。長い封建主義時代に資本主義の基礎が出来上がっていたからじゃないでしょうか。日本国がアジアで唯一の「主要先進国」になれたのはなぜだと思いますか

※シンガポール等は小さすぎて総国力が足りないので除外します 日本はなぜ「白人以外の国」として唯一の列強になれたのか=中国。日本はなぜ「白人以外の国」として唯一の列強になれたのか=中国サーチナ
日本はアジアで最初に先進国の仲間入りを果たした国であり。同時に「白人の国
以外で初めて列強となった国」でもある。中国メデ…新たなる「大国の興亡」は人口動態から展望できる。唯一。人口動態だけは確度が高いと言われていますから。まずはそこから考えて
みたいと思います。 現在の世界人口はまた。人口が増加する地域の大半は。南
アジアとアフリカのサハラ以南に偏在しています。逆に言えば。ほとんどの先進
国では人口が増えず。高齢社会に突入していきます。 こうした予測から。日本
経済研究センターのレポートでは。長期的にアメリカはの面で追い抜かれた
中国を再び抜き返すと予測されています。 アメリカの軍事力は

日本はなぜ世界でもトップクラスの先進国になれたのか=中国。そのうえで3つの理由があると指摘した。1つ目は。「資本主義のおかげで経済
が発展」したこと。日本はアジアで唯一のG7参加国となって中国経済。中国の年の国内総生産が日に発表され。主要国で唯一。伸び率が
プラスだったことが明らかにのカリシュマ?ヴァスワニ?アジア経済担当
編集委員は。中国政府による強力で素早い都市のロック日本経済が
リセッション脱却 ~月期はプラス成長に新型ウイルスの影響。貧困国と先進
国で大きな差=調査解説 ミャンマー国軍のクーデター。なぜ今?第6回。- ジェトロ?アジア経済研究所あと数年で先進国になる国もあるで
しょうし。年後も先進国になれない国があるかもしれません。など。下位
中所得国インド。インドネシアなど。上位中所得国マレーシア。中国など
。高所得国アメリカ。日本などに分けました*。また。年以降に
下位中所得国を卒業して上位中所得国入りし。その後。高所得国になった国が
カ国あり。かかった年数の第回 途上国の縫製工場に女性が多いのはなぜです
か?

長い封建主義時代に資本主義の基礎が出来上がっていたからじゃないでしょうか。マルクスによると人間社会は原始共同体から奴隷社会→封建社会→資本主義→社会主義と発展してくそうですが、世界で封建社会が機能してたのは日本とヨーロッパのみだそうです。主君から与えられた封土で臣下が産業を興し、人を雇い、利益を出し、税金として還元するというシステムも中央集権が強すぎても弱すぎても機能しない、バランスの上に成り立つものです。比較するのに分かりやすいので例を出すと、朝鮮半島に至っては19世紀になっても未開な奴隷社会のままでした。その証拠写真はネット上に山のようにありますが、二千年も中国の属国で、一部の特権階級が支配する中央集権の強すぎる国だったので資本主義どころか、封建社会でさえありませんでした。朝鮮半島に資本主義を定着させたのは日本による併合後だったと言っても過言ではありません。アメリカやカナダ等々はヨーロッパからの移民によって建国されたので資本主義が発展しました。こういう基礎があって戦後の世界経済の中でさらに発展できたのだと思います。祖父は「アメリカが日本車とバイクの輸入を認めたから。経団連は経済成長第一だから、防衛予算は抑えるべきの主張を展開で、それが通ったから」と言っていました。もしアメリカがブロックアウトしたら、今の日本はなかったと思いますし、財界の見解は何回か報道されています。アジアで唯一は30年ぐらい前の話だろう。今では唯一の経済成長していないアジアの先進国だ。島国、国土が狭い、資源に乏しいだから工業力に依存しなければならない。イギリスと似ている。明治時代、早い時点で、初等教育から高等教育まで、日本語での学校教育が可能になったからだと思います。明治10年代までは「お雇い外国人」に頼っていた日本の教育や科学技術ですが、明治20年代には、日本人が日本語で行えるようになりました。そこに行き着くまでは、当時の欧米の先進文化や技術を理解しながら、それを日本語に置き換えていく、先人の並々ならぬ努力があったと思います。現在の発展途上国では、自分の国の言葉で教育できるところはほとんどありません。例えば、フィリピンでは、学校教育は今でも基本的には英語で行われています。国民こぞって英語が堪能になるという利点はあるものの、自らの力で新たな技術や文化を生み出していく力はありません。逆に、日本では、英語がほとんどできない人でもノーベル賞を受賞しています。グローバル化の中で、日本人の英語力はやっかいな問題となっていますが、さまざまな文化や技術が、日本語の環境の中で生まれてきたということは、世界に誇っていいことだと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です