日露戦争史 日露戦争で開戦前にロシアの軍艦は日本の近海で

ニュース

日露戦争史 日露戦争で開戦前にロシアの軍艦は日本の近海で。”日露戦争”ただ↓このURLを開いて読めばいいだけのこと?宝島社で発売された方の激闘日露戦争は私は昔持ってて読んだことありますけど、そのような記載はなかった筈です他の回答者が書いてるように開戦前にロシア海軍が日本の近海で外国船を含めた無差別攻撃を繰り返したなどという事実はないですもしそんなことをしていたら、日本だけでなく他の国ともロシアは対立し戦争になった筈です本に書いている事が100%正しいわけじゃないです。日露戦争で、開戦前にロシアの軍艦は日本の近海で外国船まで無差別攻撃を繰り返して結果、
日本と戦争になりますが無差別攻撃をやった目的がわかりません 単に満蒙地方を支配したいのであればそんなのは無意味でしょう
ロシアは何がやりたかったのですか
やはり日本と一戦交えたかったからですか 近代戦争レポート集。これを機に日本はロシアと利害が衝突するようになり日露戦争が起こるきっかけ
となった。 また。清は列強そして。1894年。朝鮮の農民が外国の侵略と
政府の悪政に反対して東学党の乱が起こった。最初に砲撃したのは朝鮮である
が?他国近海での砲撃練習は威嚇射撃と思われても仕方がないので?開戦の原因は
日本側にある?日本は戦争に勝った結果。清国に不平等条約を押しつけたが。
戦争が始まるまで。日本はヨーロッパの国々やアメリカと不平等条約を結んで
いた。

日露戦争史。「日露戦争特別展」開戦から日本海海戦まで 激闘日の記録は。日露戦争の
様子を様々な資料を通してご紹介して翌日にも。引き続き日本艦隊は旅順港
外のロシア艦隊を砲撃し。「仁川沖海戦」ではロシアの軍艦を撃破しました。日清?日露戦争。日清戦争と日露戦争を経て日本は大陸へ進出していった。今日は。日本が
初めて体験した近代的な2つの戦争と。不平等条約の改正までの道のりを見て
いきます。ロシアは遠くヨーロッパから。日本近海に軍艦を送ることにしま
した。は行われませんでした。年。条約改正の責任者井上馨は東京に「鹿
鳴館ろくめいかん」を建て。外国人を招いて毎晩のように豪華な舞踏会を
開きました。

”日露戦争”ただ↓このURLを開いて読めばいいだけのこと?宝島社で発売された方の激闘日露戦争は私は昔持ってて読んだことありますけど、そのような記載はなかった筈です他の回答者が書いてるように開戦前にロシア海軍が日本の近海で外国船を含めた無差別攻撃を繰り返したなどという事実はないですもしそんなことをしていたら、日本だけでなく他の国ともロシアは対立し戦争になった筈です本に書いている事が100%正しいわけじゃないです。本の中には明らかな間違いを平気で書いてる本もあります新聞だってそうです正しいかどうかは読み手の方がちゃんと他の本とか資料とか読んでて判断するのが、正しい本から知識を得る方法です1冊だけ読んで「これが事実だ」だなんていうのは正しいアプローチじゃないですよ知識は一方向から得るのではなく色んな本を読んで得るものですまず読み手として貴方の間違いは書いている内容を鵜呑みにしてしまっている事常識的に考えて、何も対立関係でもない外国の船をロシアの軍艦が戦争状態でもない開戦前に無差別攻撃を繰り返したと思いますか?世界中を相手に戦争するつもりならそれもありでしょうが、日露戦争はそういう戦争だったのですか?違うでしょ?そういった学校で教えてもらうレベルの歴史をしっかり認識していたら、ロシアが開戦前に外国船まで無差別攻撃をしたという文面読んだら、普通は「?」と思う筈です。現在社会に置き換えても、例えば日本やアメリカと対立している北朝鮮が、戦争状態になったわけでもないのに日本近海でイギリスやフィリピンといったような外国の船を無差別攻撃すると思います?普通は無為に敵を作るようなこんな行為を北朝鮮といえどもしませんよそういった常識を踏まえて本を読んだら、書いてる内容を鵜呑みにするなんて事はないと思いますよあと日露戦争中に日本近海で起こった外国商船等へのロシア艦隊による攻撃も、ちゃんと手続きを経てまず停船指示を出し、無視して逃げたら攻撃。停船したら臨検し、日本宛で戦争で日本が有利になるものを積んでいれば拿捕もしくは乗員を収容した上で処分。戦争に特に関係ないものが積んであれば解放での行為ですから無差別攻撃ではないですし、そもそもこれは国際法に認められた行為なので第三国も文句は言えません日本だって戦争中は近辺の海外商船を取り締まり、イギリス商船でウラジオストク港にロシアへの軍需物資を送ろうとしたレシントンを拿捕したりしています因みにこのレシントンは日本海軍の所有となり、日本最初の水上機母艦若宮になりますつまり戦争中は当事国の周辺海域を航行する商船は、第三国であろうと、同盟国当事日本とイギリスは同盟国だろうと臨検され、敵に利する行為だと判断されたら撃沈や拿捕されるのが国際ルールなのですですので外国船も攻撃を受ける事があるのは戦争の際はあり得るのだという認識を持つべきです民間船は戦争している国に不用意に近づかない方がいいんです「激闘 日露戦争」という書籍は双葉社と宝島社の2種があります。どちらの何ページに記述があるのか明記しないことには査読できません。どちらも市内の本屋にありませんから、私は査読できませんけど。「詳細に」と断言しているということは何年何月何日に、何というロシアの軍艦が、何という貨物船を撃沈したのか記述があるということですよね。そこを明記してもらわないことには、例の本を持たない回答者は答えられません。一般的な日露戦争の開戦は仁川沖海戦と見なされており民間船への無差別攻撃は開戦後に発生したことが一般的な解釈です。開戦前から無差別攻撃があったという意見は「驚天動地の珍説」です。それを提示するからには、地動説をひっくり返すくらいの労力を費やしてください。そんな事実は存在しません。日本から攻撃した後に宣戦布告して、開戦されました。ロシア軍の圧力の前に日本は唯々諾々と従い、戦争には、ならないと考えたのでしょう。開戦前には行っていません。開戦後にウラジオ艦隊が実行した通商破壊作戦と混同していませんか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です