民衆宗教の宗教化 江戸時代末期頃黒住教天理教金光教等それ

ベビー

民衆宗教の宗教化 江戸時代末期頃黒住教天理教金光教等それ。幕府や仏教の力が弱くなったので、地中の種が一気に発芽したと考えます。江戸時代末期頃黒住教、天理教、金光教等それまでに無かった新しい宗教が相次いで成立して行ったのは一体何故でしょうか 民衆宗教の宗教化。それというのも。現在の近代政教関係に関わる研究。神道と天皇制の問題を
考える上では。こうした宗教?神道概念に関わる問題は。もはや避けてとおれ
ない問題にいうまでもなく。民衆宗教ここでは黒住教。天理教。金光教を
念頭においているは。幕末から一八七七年明治一〇頃まで。支配層?知識
人はもとより巷間においても。神道や宗教という概念で捕捉しうるものでは
なかった[]。教派神道3教団3教祖の覚え方。おもな教派神道には天理教中山みき?金光教川手文治郎?黒住教黒住
宗忠がある。[解説]1.教派神道は。本来は幕末から明治初期に創始され。
それぞれ教祖?教典を持ち。行を重んじ。信者のために病気

幕府や仏教の力が弱くなったので、地中の種が一気に発芽したと考えます。社会不安があったからです。20世紀末にオームが暗躍したなと、同じ原理です。また、明治になって廃仏毀釈が進んだことで、神道が信者を増やしたことも大きな要因です。支配階級が既存の宗教を利用して民衆を支配しようとし、それに違和感を感じた民衆は新しい宗教に吸い寄せられるんです。キリスト教成立も動乱期です。イスラム教成立も動乱期、仏教もそうです。↓読みましょう村上重良「幕末維新期の民衆宗教について」日本思想体系67『民衆宗教の思想』岩波書店1971

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です