裁判系ゴム印 甲1号証陳述書住所氏名 印

ニュース

裁判系ゴム印 甲1号証陳述書住所氏名 印。陳述書とは、あくまで証拠書類です。甲1号証

陳述書

住所

氏名 印

1 平成 30年10月2日、被告1の従業員の山本氏に大屋根の修理の見積りを頼んだところ大屋根に穴が空いている画像をスマホで見せられた 原告は、屋根瓦が飛んでなくなっているぐらいにしか想像しておらず大変動揺した 山本氏に修理費用はいくらぐらいかかるのかを尋ねたところ、山本氏から僕が見たなかでも相当酷い状態ですと言われ、50万円と消費税がかかると言い、今すぐ決めてくれたら消費税4万円まけて50万円でいいと言った

2 原告は、まだ台風シーズンでもあり、各地で大雨の被害が頻発しており早く修理をしなければとの思いで仕方なく同意をすると、山本氏はコーナンに材料を買いに行くと言い、材料を買って来てすぐに大屋根の修理を始め1時間弱で修理は終わった 山本氏から、ちゃんと直しておきましたとスマホで屋根を修理した画像を見せられた その後、山本氏は車に戻り見積書?請求書?注文書が一緒になったサービス書(甲2号証)を書いて戻って来て、原告は50万円を支払った

3 その後、知人らから余りに高額すぎると言われ、他業者に再度見積り依頼したところ、見積り価格(甲3号証)が余りにも違い、しかも施工不良(甲4号証)であり再度雨漏りするのでやり直しが必要と言われた

4 訪問販売である為、平成30年11月6日にクーリングオフの通知書(甲5号証)を特定記録郵便(甲6号証)と施工不良の写真のコピーと書面(簡易書留)を送ったにも関わらず、全く連絡がこない為、被告1に誠意がなく、返金にも応じず現状回復もしようとしない

5 平成30年11月24日、雨漏り修理110番に被告1から連絡がないと電話をすると、すぐに被告1から返事が来たが、まだ書類を見てないとの事で、被告1には全く誠意の欠片も感じない

☆∧,,,,,,,,∧
( о′? ω ?`о )以上、陳述書を書いたのですが、このような内容の書き方で良いのでしょうか よろしくお願いします 陳述書例。陳述書例 甲○号証 陳 述 書 平成○年1月20日 住所 東京都〇〇区~~ 氏名
山田太郎 印 1 私の経歴私は。現在57歳ですが。22歳で大学を卒業後。○○
不動産㈱に就職しました。依頼。8年間営業を担当しておりましたが。売り上げ

裁判系ゴム印。裁判系ゴム印 インデックス用 単品 資料整理 甲第号証 乙丙弁 準備書面 主張書面
訴状 答弁書 証拠説明書 判子ゴム印 行 オーダー ×~ 文字 格安
スタンプ 氏名お名前 科目 住所 判子 印鑑印鑑 はんこ ゴム印 氏名印 科目印
× お名前スタンプ おなまえスタンプ 漢字 ひらがな 片假名 ゴム印慶弔
氏名印証拠説明書様式記載例付き。所在地又は住所 名称又は氏名 代表者役職氏名 印不様式第号証拠説明書
記載例。申立人の場合甲第1号証, 解雇通知書, 被申立人, 会社が。執行委員
長○○に対し。○○○○を理由に。解雇した事実乙第2号証, 陳述書, 総務課長甲1号証陳述書住所氏名。いずれかを含む。甲号証陳述書住所氏名 印

陳述書の作成?証拠の収集。書証を提出する時は。原本を手元に保管しておき。A4サイズのコピーを被告の
数+通を裁判所に提出します。このとき。書面の右上に番号をつけます。原告が
提出する書証には「甲第1号証」などと記載します。一方。被告が提出する書証

陳述書とは、あくまで証拠書類です。ここに記載されていることは、原告の主張であり、訴状もしくは、準備書面で記載すべきことです。他の質問も見ましたが、事実関係とそれに関する法的な整理がなされていません。訴状は、簡単に記載してもいいですが、請求の原因となる事実、またそれに伴う要件効果で、法的な効果がどのように発生するかを記載したほうがよいです。おそらく、本人訴訟なので裁判官がかなり優しめに受け取ってはくれると思いますが、もう少し事実関係を整理しておいたほうがよいです。それと???????で修理を申し込んだことが訪問販売とみなさせるのでしょうか?これは、消費者センターの方がいっていたのですか?そんな悪文は、誰も読みたくないし???だってそれって、「陳述書」ではなく「原告の主張」であって「相手被告に対する感想」ですからーあ???残念―――ん???!だからさ、訴状を提出から相手被告の応訴答弁書や相手被告の主張事実を鑑みてから、陳述書の提出を考えれば良いってことです???要はね、主要事実法律要件を構成するための要件事実というは何かを考える???つまり、証明の対象となる最も主要なものであって法規の定める構成要件に該当する具体的事実は何か???そこで、これらの主要事実の存否を直ちに証明する手立て直接証拠がないがないシーンも多々出てくる???そこで例えば、今すぐ決めてくれたら消費税4万円まけて50万円でいいと言った。さて、この事実を相手がいったとする証拠はどこにあるのってなる????50万円を支払ったとする直接証拠は領収書などで足りるとしても、消費税4万をまけてっていう部分については証拠はないってことになる???まさか、領収書に4万円おまけして金50万円を領収したとは書かれてないでしょう????なので、相手の主張してくる事実相手のいい分を待ってそれを織り交ぜながら「陳述書」を作成して行くってことになる???だから、相手の主張している事実を否定しながらそして自分の体験した記憶に基づく事実はこうだ!ってことを提出している証拠関係に照らしながら具体的に「陳述書」にして展開して行くってことですよ???まあ、陳述書自体は何通提出しようが自由だし質問内容を陳述書にしても確かに問題はない???しかし、そんなことを陳述書にしてもそれを認めるに足る証拠はないってことになるので、なるべく立証しようとする事実に重点を搾って裁判官を説得できる程度の陳述書を作成するってことです???それにまあ、「陳述書」なんて証拠としてはほとんど機能しないってリスクの方が高いのでね???まあ、民訴の勉強に口頭弁論までに励むことですね???心許ない知識で訴訟に挑むより、不足している知識を補うってことが先ですから???

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です