資源エネルギー庁がお答えします 日本はエネルギー貧国だか

ニュース

資源エネルギー庁がお答えします 日本はエネルギー貧国だか。違います。日本はエネルギー貧国だから原発をやったのでしょうか 日本はエネルギーをどの程度輸入しているのですか。日本はエネルギーの大量消費国でありながら。エネルギー自給率がわずか%と
低く。エネルギー資源のほとんどを海外からの輸入に頼っています。 日本が必要
とするエネルギー資源の中では石油が約4割を占めていますが。そのうちの%
を。高レベル放射性廃棄物処分懇談会報告書案。クリーンエネルギーを宣伝文句に家庭での電気を十分確保するため原発を作ると
押し進められた原発産業だが。クリーンて発生する高レベル廃棄物の処分を
厳密な管理のもとに進めることは。原子力発電を継続して。日本のエネルギーの
ベースを環境下で。より安全で効率の良い供給が出来るか技術立国の腕の
見せどころ。資源の効率利用。ではないでしょうか。また。仮に六ヶ所村の再
処理工場ができて順調に稼働したとしても。すべてを再処理することはできない
のだから。

資源エネルギー庁がお答えします。日本のエネルギーのあるべき姿」と「原発」について。皆さんも一緒に考えてみ
ましょう。確かに。東日本大震災が起きた年には。電力不足を防ぐため「
計画停電」などの対策がとられたものの。それ以降は。電気は本当に「安い」
と言えるのでしょうか。そうしたことを考えあわせれば。「滅多に起こらない
ことだから」と。電気が止まってしまうリスクを許容するのは。

違います。オイルショックを言い訳にしたのは確かですが、単に政財界が儲かるからです。■長崎に投下されたプルトニウム型原爆は、一瞬にして、7万人以上の人命を奪い、プルトニウムを世界最悪の残虐物質として、一躍有名にさせました。そしてこのプルトニウムを生み出したのは言うまでもなく原子力発電所でした。■1960年頃から東西冷戦時代が深まると、世界の主要国はこの残虐物質プルトニウムさえ持てば、冷戦時代を乗り越えられると考えました。そして主要国は競って原発を持ち、プルトニウムを生産、米英仏ソ中は“核保有国”に、日本は約47トン持って、“潜在的核保有国”に、他の26か国は“潜在的核抑止国”但しインド、パキスタン、イスラエル、北朝鮮等は極秘にプルトニウムを抽出し核保有国となりました。■ここに日本が原発を保有して行った基本的な背景があるのです。また当然のことながら、戦後復興の為に電気需要も高まっていましたが、これは、原発設置のためのよい口実に使われました。確かに、日本はほとんど石油や石炭資源はありませんが、そのために原発をやったのではないことは明白です。■現在に於いては、日本は再生可能エネ大国と言われていますが、このエネ利用には、いろいろ理由を付けて積極的ではありません。福島の事故により、原発は巨大なレッドカードを出され、退場あるのみですが、それでも原発に固執して、再稼働を目指しています。ひとえに、核兵器の原料プルトニウムを維持して、“潜在的核保有国”の立場を維持するためです。今や原発は冷戦時代の“巨大な負の遺産”となりました。こんな遺産と早く縁を切る方法を真剣に模索すべきです。日本も原子力の研究はもともとありましたが太平洋アジア戦争で敗戦国となり原子力研究そのものが禁止されたのです。サンフランシスコ条約で解禁となり、つまり予算をつけて国が研究を推進する事が出来たのです。当然ながら日本における原子力研究は既に世界に先行して出来ていた原子力発電の実現に向けてです日本は憲法第九条があります。自らが国際紛争解決の手段として武力の放棄を世界に宣言している訳ですから原爆を作る目的で始めたわけではないのです。ただ戦前においては日本も原爆の研究をしていたのは事実でしたが世界からは遅れていました。それでも敗戦によって禁止されさらに水から日本国憲法を発布していますと言う訳で、原子力が生み出すエネルギー利用については原子力発電の研究に取り掛かり戦前からの学者もいて、原子力研究は原発にむけてのみ行なわれ結果として、日本は資源には恵まれていませんからそう言う点でも大きな利点になったのですしかし、近年ではCO2排出による地球温暖化に対し一番有効な手段であるとはっきりして来て、今後推進せざるを得なくなります。また化石エネルギーは一番多くある石炭でもいまのままの使用でも22世紀を過ぎたら枯渇に直面します。温暖化の害は当初は原発の優位性はそもそもCO2が温暖化原因と認識されてはいませんでしたが今ではエネルギー問題以上に深刻な問題と分かってきています。原発反対派は再エネを推進していますが世界で再エネでCO2排出量を削減に成功した国などありません。エネルギー問題についても2050年になれば石油とガスは生産量が減って世界の需要にこたえる事は出来ずに日本は自国には全く資源がありませんから原子力に頼らざるを得なくなります温暖化は予想できなかったとしても資源については当初から予想した人はいたと思います。日本は毎年石炭を1億トン以上輸入しています。しかし原発の核燃料はせいぜい一千トンくらいだったのです。この核燃料は核燃料サイクルの中で再使用が出来ます。そこまでわかっていた人は政治家の中にはいなかったかもしれませんが、結果としてそう言う事になっています最初のきっかけはアメリカ主導の安全保障上での原発配備計画だったはずです。それが一気にメインストリームになったのはオイルショックからですね。高度経済成功で浮かれる中 オイルショックでやはり日本は貧資源国だと国民が思い知らされたからでしょう。当時はまだ日本が安保デモなども活発だった時期で各地で、いま韓国人がやっているようなデモがかなりパニックチックにくりかえされていましたし政府も対応をせざる状態になっていたと思います。違います。中曽根康弘が「原爆」にあこがれてやったのです。日本がエネルギー貧国で在るからでは無く、核武装のための準備に成る様に、アメリカに押し付けられて、中曽根康弘が正力松太郎と共に始めさせたのであります。利権を作りたかったからでもあり、実際に政財官学司法マスコミ等から成る原発マフィアが現下に置いても暗躍しており、福島第一原発事故の教訓も生かされ無いままに川内、玄海、高浜、大飯、伊方3号機の9基もが再稼働しておるのであります。始めた切っ掛けは違いますが、島国日本に不適合なのは、確かです。始めた切っ掛けは違いますが、島国日本に合っていたのは、確かです。貧なのは発想だったと思います。だから今の芽生えを大切に育てましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です