電気回路の基礎 直流回路の電流の話です 教えてください

ベビー

電気回路の基礎 直流回路の電流の話です 教えてください 。たぶん、ですが、その電球部分で全てのエネルギーが使われてるので、帰りの帰路の部分では、電圧はゼロボルトになります。直流回路の電流の話です 教えてください 直流回路では、電源の+から-に向けて一定方向に電流が流れますが、(実際の電荷:電子の動きとは逆なのはさておいて)

例えばこの回路に白熱電球がつないであったとします

白熱電球すなわち抵抗部分では、電気エネルギーが熱と光に変換されるわけですが、
そうなりますと、
電球から先の回路部分(電源の-側)にかけては、
電気エネルギー(電流 )は弱まる、あるいは流れていないのでしょうか
流れてないのだとしたら人が芯線に触れても平気なのでしょうか

交流ですと電流の向きが変わるので、電球のどちら側にも電流が走るのはわかるのですが、直流の場合はひょっとして などと妄想してみました

おバカな質問ですみませんが、ご回答お待ちします 直流と交流は何が違う。電線自体の抵抗によって送電する電流の損失はやむを得ない事ですが。電圧を
より高くすれば損失が抑えられて。効率が良い。 そのため発電所からの送電は高
電圧にして。家庭に配電する前に家庭で使い

直流回路の基本問題。このページでは。直流回路の基本問題について。初心者の方でも解りやすいよう
に。基礎から解説しています。また。電験三種の理論方へと流れます。また。
同じ位置同電位の場合は電流は流れないと考えておいてください特殊な
条件下では例外もあります。定数となります。 抵抗の図記号でのように
矢印が描かれている抵抗器は。電気抵抗の値を変えることができる可変抵抗器
です。電気回路の基礎。本章では直流回路の説明から始めますが。最終的にはインピーダンスや
アドミタンスの理解。複素数を使った交流回路の計算の方法を理解することを
目的としてい電気回路回路理論の基礎を分かりやすく説明しているので
参考にしてください。抵抗」とは。その名の通り電流の流れに対して抵抗と
なる素子です。

直流。直流とは。電気が導線の中を流れるとき。その向きや大きさ「電流」。勢い
「電圧」が変化しない電気の流れ方をいいます。たとえば。電池に豆電球を
つないで光らせたときに流れている電気は。直流です。電気は常に一方通行で
変化直流回路の計算分圧と分流。第二種電気工事士筆記試験の「電気理論」の計算問題を解くためにおぼえてお
かなけらばならない「分圧」と「分流」についてまとめています。直流回路の
計算でおぼえておかなければならない分圧と分流について解説します。分流」
の「流」はこれまで出てきた。電流の流なんじゃないかなぁー。キルヒホッフ
の電圧則そのままの話ですが…分流の法則による直流回路の計算のページ。
キルヒホッフの法則についてはキルヒホッフの法則のページを参考にしてみて
ください。

電気の基本のお勉強。しかし。小学校の理科では教えてもらえん事を。ちょこっと追加しておこう。
このとき回路図で右回りに。電池の上側。プラス+側から赤の線を通り
スイッチを通って。豆電球から青の 線を通り電池の興味がある人は参考にして
下さい。回路図 の3本の中心は。それらの電流の合流点に なっている。 「三
相200V」交流は。どれかの電線2本のトランスは直流では使えないが。
電圧を変えた交流を「ダイオード」を使って直流に変えることは出来る。講義紹介:電験三種理論4電気回路理論基礎/回路網。電験三種講座。理論科目の回目は「電気回路理論基礎/回路網解析法」です。
このような認識が,今後難しいテーマを扱う際に「どこに立ち戻ればよいのか」
を教えてくれるでしょう。ここは是非とも,「自分は今,直流回路を学んで
いる」と考えるのではなく,「交流回路にも通用する回路理論の基礎を直流
回路を題材にして学んでいる」と考えてあまり表だって語られる内容では
ありませんが,回路理論を学ぶ上での大前提となる,重要な話です。

たぶん、ですが、その電球部分で全てのエネルギーが使われてるので、帰りの帰路の部分では、電圧はゼロボルトになります。何故かというと電球部分で全エネルギーが使われるので、電源の電圧は全て、電球による電圧降下の電圧として使われるので、帰路の部分の電圧はゼロになるんだと思います。帰路の部分では電圧はゼロボルトですが、電子は電源の負極側から流れてきます。 電子は流れているので、電子の流れとは逆方向に電流は流れているハズです。 なので、もしも、人が、その電線の芯の部分に触れたら、オームの法則による分流則による電流が、その人にも流れるんだと思います。なので、感電すると思います。余談:あなたの、その妄想って、どんな妄想なんだろ?と私も同じ様に、チョビットだけ妄想仮想してみました。 面白かったです、ありがとう、^◇^。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です