高度経済成長期における食文化の変貌 高度経済成長に伴い日

ベビー

高度経済成長期における食文化の変貌 高度経済成長に伴い日。西洋人はアジアを旅行するときも、西洋食ばかり食べてます。高度経済成長に伴い、日本国内やアジア圏において「食生活の欧米化」などが叫ばれ、米の消費量の減少やモンスーンアジア型の食文化の衰退が新興国や先進国の中で叫ばれていますが、なぜ欧米圏における逆の現象(「食 生活の東洋化」)はあまり起こらない(話題にならない)のでしょうか それとも実際に起きてはいるけれども話題になっていないだけでしょうか (??料理店などエスニック料理店は増加しても、西洋の一般家庭に東洋的料理が入り込んでいる現象は起きているのでしょうか ) 個人的に思いつく事として、 ①調理?加工法が限られている (米:炒める?煮る/餅?小麦:パン、パスタ、揚げ物など) ②米の単価が小麦よりも高い ③世界で小麦は700万t?米は470万t →そもそも取れる地域が少ないため、普及するための供給ができない(→高価に) 他に理由などありましたら、教えていただきたいです また、こうした内容に関する文書などありましたら教えていただけますと幸いです よろしくお願いします 高度経済成長期における食文化の変貌。要旨] わが国では高度経済成長期において。食生活や食文化が大きく変化 した
。民所得の上昇にともない。炭水化物からタンパク質を中心とした食事へ徐々
消費量が急増した豚肉について。日本国内の生産が対応できたのであろう
ローバルか―東アジアのファーストフード』新曜社。 年。昭和

1。旅客輸送量は,高度成長時代においては,人キロで年率%と大きな伸び率を示し
たが,石油危機時代は年率%と伸び率をイ 国内貨物 貨物輸送量は,高度成長
を反映しておおむね年率%を超える高い伸び率を示し,第一次石油危機までの
出入国者数の動きを見ると,出国日本人数は,年の海外渡航自由化以後徐々
に増加し続け,第一次,第二次石油危機後に落年代後半から年代にかけて,
急速な経済社会の発達に伴い産業活動が活発化し,これに対応する運輸関係社会
資本の特集1。戦後の復興を果たし。高度経済成長期を経た私たち日本人の食生活は。大きく
変化したと言えます。食料自給率の高い米の消費が減り。輸入飼料に頼って
いる畜産物や。原材料のほとんどを輸入に頼っている油脂類の消費が増えてきた
こと

平成30年度共同研究:高度経済成長と食生活の変化。また。民俗学の食の研究では。ハレとケの食。アワやヒエを常食としていた頃の
食生活史。神饌や正月の餅などの儀礼食とその信仰的意味?象徴性などが中心で
。現代社会における変化をとらえる視点が十分でないと指摘されてきた田中宣
一?

西洋人はアジアを旅行するときも、西洋食ばかり食べてます。日本人は現地の職を食べますが。価値観の幅が狭いのです。英国はインドなど香辛料が多種多様に取れる国を植民地にしましたが、結局定着したのは黒胡椒などごく一部。紅茶やコーヒーなど。頑固なのでしょう。コメの調理つまり「炊飯」が欧米では難しいのです。日本やアジアでは毎日のことですから「炊飯器」を使いますが、欧米では炊飯器を毎日使う文化は無いでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です