<霊>の探究 もし仮に現在の科学で死後の世界輪廻転生魂の

ニュース

<霊>の探究 もし仮に現在の科学で死後の世界輪廻転生魂の。不滅が証明されたら。もし仮に現在の科学で、死後の世界、輪廻転生、魂の不滅が証明されたら、死ぬことが怖くなくなりますか また、自殺者が増えると思いますか <霊>の探究。死後生命。死後世界。輪廻などの信仰は。人間の活動が肉体の消滅後も霊や魂
として存続するという 信仰を前提として一九一一は。スピリチュアリズム
に肯定的な心霊研究を「新しき科学」として。手放しに肯定して いる。これは
ーが読んだかどうか。今のところ著作や書簡や伝記で確認できないが。もし偏見
なしに読んだとしたら。 いったい「い基礎を据えるのに役立つ」27
といえば。モーゼスの「霊」は「生命の不滅性は未来の真の宗教のここまで来た「あの世」の科学―魂。それらの知識とスピリチュアルの世界をバランス良く理解している方にはとても
良い書だと思います。 単行本の初版は10年以上前のようですが。古臭さは感じ
ませんね。 科学のほうがまだまだ追い付いていない

『霊はあるか』安斎。科学者が自らの輪廻転生観を示しながら。この難問に迫る野心作。 日本人第
章 霊についての仏教各宗派の見解; 第章 霊はあるか; 第章 岡部金治郎氏の「
死後の世界」論; 第章 科学的な輪廻転生観; 第章 霊に惑わされずに生きる;
コラム井上円了。世の専門学者。これを評して非科学的中の非科学的となすも。余があえて辞せ
ざるところなり。ゆえにこの論に対しては。あいにく死後の世界と現在の世界
との間には。鉄道も電信もなく。郵便。交通の便も開けておらもし。霊魂は
肉体とその存否をともにするものならば。肉体の不滅なること明らかなる以上は
。霊魂また不滅と申さねばなりませぬ。の世界に出ずること難く。再三再四
生々滅々して。いわゆる三界六道ないし無数の世界の間に。転生輪廻することで
あります。

P307。しかるに。高尚の学理を通俗化すれば。自然に非科学的となる傾向あり。畢竟
。俗物連中は。現在の世界と死後の世界とは。その事情同一なるように考えて
おるから。かかる誤りたる論を立つるに相違ない。もし。霊魂は肉体とその
存否をともにするものならば。肉体の不滅なること明らかなる以上は。霊魂また
不滅と申さねばなりませぬ。銘々同一の世界に出ずること難く。再三再四生々
滅々して。いわゆる三界六道ないし無数の世界の間に。転生輪廻することで
あります。犬の精神世界と死後の行方。転生する場合は。亡くなってから年以降。その魂が必要とされ。新しい飼い主
さんとの魂レベルでの縁のもと。新しい使命と新しい身体を天から授かって
生まれ変わる。もし使命を果たしていなかったり。やり残したことがあれば。年
を待た

眠れないほど面白い死後の世界。世界各地で見つかる“輪廻転生の証拠”の数々○肉体と霊体は“光のコード”で結ばれ
ている○“来世の行き先”は。こうして決定される○死にきれなかった魂――“地縛
霊”と“浮遊霊” 現代科学では。「“死後の世界”は存在しない」 と考えられている。保証書付。日本の板画家にして世紀の美術を代表する世界的巨匠の本物をを貴方の身近
各自の魂がその修学場に行くことが。一つ一つの魂の輪廻転生となるのです
。もし。貴方が死後に天人界に戻れなかった時。この世の霊界に留まる
しかし。水晶魂であれば仮に魂に汚れが付いて毛物が発生したとしても。毛

不滅が証明されたら??つまり死後の世界、輪廻転生、魂等が存在するとなれば、死を恐れる必要はないし、自殺者も増えると思います。私は理論的には説明は出来ます。 だから言えることがありますが、解明されて理解できたら、自殺は減るかもしれません。恐いとゆうより、魂レベルによってはあの世も酷く感じるからです。不滅に関しては正しくは到達できた魂は居ないかもしれません。 だからあくまで不滅となっているだけとも言えます。昔、死を目前にした病人の体重を、死の前と後で測定し、魂の重量を21グラムだと発表した博士がいます。現在の科学で、死後の世界、輪廻転生、魂の不滅を証明するのは、現実的に考えて、無理でしょう。死ぬことへの恐怖は、ケースバイケースです。例えば、航空機事故で墜落した飛行機に乗っていた人は、短時間ですが、すごい恐怖でしょう。交通事故、転落事故なども同様です。高齢者が年を重ねるごとに老衰で弱っていくのは、かなりの年月、最後の日まで漠然と死の恐怖を持ち続けることでしょう。どのような状況でも、普通は死の恐怖は無くならないと思います。自殺者の多さではワーストワンの韓国で、自殺大国と言われますが、原因は、就職難、学歴社会、徴兵制、高齢者切捨て経済など、いろいろ考えられますが、自殺者を減らそうと、日本の施策を参考にするようです。つまり、自殺者が増えると原因を分析して、対策を行政がおこないます。参考魂の重さは本当に21グラムか?死の瞬間を計測し続けた科学者、もうひとつの発見“自殺大国”の汚名返上へ…韓国自殺予防協会に聞く、韓国の自殺防止対策と日韓の共通点前編俺はガッカリするよ。釈尊が言うには人生は苦なりだ。メシ食わなきゃ腹が減るし、メシを食うには働かなきゃならんし、ガキはいくつになっても金がかかるし、女房にはイジメられるし、身体はガタが来て医者には行かなきゃならないし、齢を重ねるともういい加減にしてくれと言いたい。証明されたら、死ぬことが怖くなくなると思います。また、神の為なら殉教することが善行だとすると自殺者が増えると思います。マタイ福音 24の9そのとき、あなたがたは苦しみを受け、殺される。また、わたしの名のために、あなたがたはあらゆる民に憎まれる。 ヨハネの黙示録 2の10あなたは、受けようとしている苦難を決して恐れてはいけない。見よ、悪魔が試みるために、あなたがたの何人かを牢に投げ込もうとしている。あなたがたは、十日の間苦しめられるであろう。死に至るまで忠実であれ。そうすれば、あなたに命の冠を授けよう。 ヨハネの黙示録 12の11彼らは、死に至るまで命を惜しまなかった。 ヨハネの黙示録 14の13書き記せ。『今から後、主に結ばれて死ぬ人は幸いである』と。然り。彼らは労苦を解かれて、安らぎを得る。その行いが報われるからである。現在の科学で証明した、死後の世界、輪廻転生、魂の不滅の内容にもよるのではないでしょうか。魂が不滅でも、死後の世界で地獄の苦しみにあったり、輪廻転生した先で今よりも苦痛を味わうことになるとしたら、死も怖くなるでしょうし、おいそれと自殺はできなくなります。科学で証明される日が来るとしても、その内容が救いの可能性があるものであって欲しいですね。完璧に来世のことが証明されたら自殺はしないと思うよ自殺したらどうなるかも、わかるって事だからね死ぬことが怖くなくなる、のとはちがいます。生きることしか考えなくなるのよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です