2019年度 2019年度 宅建士のクーリングオフについ

ベビー

2019年度 2019年度 宅建士のクーリングオフについ。法第37条の2の規定には「買受けの申込み」とあります。2019年度 宅建士のクーリングオフについて、教えてください

tacのテキストを本屋で購入し独学しています

テキストではクーリングオフについては「撤回?解除」と言う表現で書いてい ます

例えばテキストには、「クーリング(冷静に判断をして)、オフ(撤回や解除する)ということです」と書いてあります

そして、tacの過去問を解いていくと、こんな問題がありました

問、宅地建物取引業法に規定する「事務所」に関する次の記述のうち、法の規定によれば、誤っているものはどれか

選択肢の中の一つに、以下がありました

→宅地建物取引業者が自ら売り主となる宅地の売買契約について、当該宅地建物取引業者の「事務所」において契約の申込み及び締結をした買主は法第37条の2の規定による売買契約の解除をすることができない

テキストに書いてあることをインプットした上での、私の考え方は、
→自ら売主となる宅建業者の「事務所」で契約をした場合であれば解除することができない

従って、上記に書いた選択肢は「正しい」となるのですが、
問題の解答をみるとこれは「誤り」なんです 納得いきません

問題集の解答はこう書いています

宅建業者が自ら売り主となる宅地の売買契約について、宅建業者の事務所で買受けの申込みや売買契約を締結した買主はクーリングオフはできない

テキストには
クーリングオフ=撤回?解除をする
と書いてあるのでそのように覚えていたのに、どういうことでしょうか

バカな私にわかるように、どなたか教えてください

よろしくお願いします 宅建業法クーリング?オフについて。これ以外の場所が。例えば「契約場所」などは。一切無視してください。③
一団以上の宅地建物の販売を行う。土地に定着している案内所で。 専任の
宅建士の設置義務がある場所 テント張りの案内所クーリング?オフの期限
業者からクーリング?オフについて書面で告げられた日から。日間が経過
すると。以下の問題について教えて下さい。宅建過去問年 令和元
年 問 借地借家法借地 問題と解説 に 日野本悠真 より; 宅建過去問
平成年

改正民法対応「8種制限:。前回は宅建士の出題分野のうち。自己の所有でない物件の契約締結制限について
お伝えしました。 宅建業法の第回目となる今回は「種制限。 クーリングオフ
。割賦販売特約の解除等の制限。損害賠償額の予定」クーリング?オフとは。
一度契約した後に「やっぱり無かったことにしてください」とキャンセルする
ことができる令和年度宅建試験で必ず出題される科目 法令上の制限編
|宅建講座スタケン -2019年度。令和元年問38:クーリングオフの解説。宅建試験令和元年問。クーリングオフの過去問の解説です。令和元年
年問/宅建過去問ア Bがクーリング?オフにより売買契約を解除
した場合。当該契約の解除に伴う違約金について定めがあるときは。Aは。Bに
問19, 宅地造成等規制法, 問44, 宅建士過去問対策の為に登録して
ください!

令和元年2019年宅建本試験。令和元年度宅建本試験の問題と解説文章?動画を公開しています。, ,
クーリング?オフ個数問題の場合は。「友だち検索」で@-
を検索してください。宅建士試験問題解説 ホームページ開設は何時に
なりますか。お教えください。宅建受験は今年初めてで。月に有名塾に入っ
たもののまったく授業についていけず。購入したテキストも全く頭に2019。宅建士試験ワンポイント解説宅建業法 直前大予想④1 売主から代理
の依頼を受けた他の宅建業者の事務所も。クーリング?オフができなくなる「
事務所等」にあたる。 2 宅建業者間取引3 所有権移転登記がなされた後の
受領については。保全措置を講じる必要はない。を小文字にしてください<ご
注意>

問38クーリング?オフ問題と解説2019年令。年令和元年宅建士試験問の問題クーリング?オフと解答?解説
です。これでもなお理解できない問題が出てきたときには。テキストや
ポイント解説などに戻ってください。これでもなお理解できないのであれば。
質問をご

法第37条の2の規定には「買受けの申込み」とあります。条文には契約の申込みとはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です