Excel EXCELのVBAIF文について VBA初心

ニュース

Excel EXCELのVBAIF文について VBA初心。>さらに”○”のとなりに値が入っていた場合、値の入っていないセルに”×”を入力下記プロシージャを追加し、Sub。EXCELのVBA(IF文)について
VBA初心者です

スケジュール表の作成などでVBAを使用したいと考えてます その中で休みの記号を使用しているのですが、土日祝日を除く平日の中で”○”や”×”を使用して管理していきた いと考えています

以下の内容で入力をしていますが、さらに”○”のとなりに値が入っていた場合、値の入っていないセルに”×”を入力できるようなマクロを実行したいと考えています (休みの日も含めて考えると3~4つ隣のセルに入力する場合まで想定されます)

Sub 検索左隣に×()
Dim FRng As Range
Dim Fst As String
Dim Cnt As Long
Set FRng = Range("A1:Z100") Find("○", LookAt:=xlWhole)
If Not FRng Is Nothing Then
Fst = FRng Address
Do
FRng Offset(, 1) Value = "×"

Set FRng = Range("A1:Z100") FindNext(FRng)
Loop Until FRng Address = Fst

End If
End SubExcel。以下の例ではインプットボックスを使って入力された文字により処理を分岐させ
た例です。 = あなたの年齢を
入力してください。 成人です。 未

vba。~ ステートメント + エクセルマクロ?は慣れが肝心最初は
難しく感じるのマクロとですが。仕組みが理解できると徐々に但し
。やマクロは初心者のため。だーしゅさんに是非アドバイスやお力添えを
いただければと思います。の文とは 文は。つの値の大小関係や。
等しい?等しくないなどの条件により処理を変える場合によく使われます。
の 関数を使用して基本的な条件判断や処理の分岐方法について
説明します。条件分岐IF。で条件により処理を分岐させたい場合に使うのが。ステートメントです。
マクロで条件分岐 マクロ ステートメントオブジェクト
変数については。今後の学習で少しずつ覚えていけば良いです。

Excel。この両者を使えば同じ計算をすることができ。 を新たに学習し始めた方
にとっては関数と照らし合わせながら学習すると効果的です。 今日は。 の
関数と の 文について説明します。 目次 [] 。条件がExcel。入門文の使い方を解説!条件の書き方をこんにちは。業務
自動化ツール開発担当の吉池@_です。 文
について詳しく知りたい方はこちらの記事をご覧ください。

>さらに”○”のとなりに値が入っていた場合、値の入っていないセルに”×”を入力下記プロシージャを追加し、Sub 左の空セルにバツByVal R As Range????On Error GoTo Trap????Do Until IsEmptyR.Value????????Set R = R.Offset, -1????Loop????R.Value = ×????Exit SubTrap:????MsgBox 左に空きセルがありません。, vbExclamation????On Error GoTo 0End Sub>FRng.Offset, -1.Value = ×を左の空セルにバツ FRngと変更します。ところで、>Sub 検索左隣に×このプロシージャ名ですが、「×」は使えないようですね。本当は別の名前なのでしょうかね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です