Kansai 親からの受動喫煙にうんざりています 私の親

ヘルス

Kansai 親からの受動喫煙にうんざりています 私の親。一人暮らしが一番ですが、妹もいれば自分だけという問題もありますね。親からの受動喫煙にうんざりています 私の親はどちらも家の中でタバコを吸っていて、子供やペットへの影響を配慮してくれません 私はタバコの煙が本当に嫌いで、嫌だということ、害があるということ、配慮してほしいと言うことを何回もはっきり伝えてるのに改善してくれません いつも私が一方的に言っている感じになっているのですが(おそらく親も自分が悪いのを分かっているから言い返せない)、たまに言い返してきます その言い分と言うのが、「配慮している」「社会のためにもさっさと死んだほうがいい」などというのですが、配慮しているなら家の中で吸わないし、さっさと死ぬなら自分たちだけで死ねばいいのに、こっちまで巻き込むなって思うんですが、?、 挙げ句の果てに「いつもタバコのこととなると上からだよね」「社会の流れに乗りすぎ」となどとほざいています 私は本気で親が悪くて、こんなのが親なのがとても恥ずかしく感じます 私は吸うなとは言ってないです、配慮してほしいと言っているのです 何故わかってくれないのでしょう 大好きなペット、妹、そして私までこんなに被害にあうのが辛くてたまりません 友達、彼氏が遊びに来ても吸っているので、申し訳なくて仕方ないです もう、ひとり暮らしをしてしまおうかとも考えたのですが、大学生なので厳しいかとも感じ、本気で悩んでいます 助けてください煙がなくても有害物質にさらされる。喫煙者自身がタバコの煙を吸い込むことを“一次喫煙”というのに対し“二次喫煙”と
呼ばれ。いわゆる「受動喫煙」はこの二次喫煙を指します。喫煙者が直接タバコ
から吸い込む煙主流煙よりも。副流煙の方が有害物質の濃度が

この禁煙条例は炎上して灰となるべし:日経ビジネス電子版。ただ。「子供のいる家での禁煙」を努力義務とした「子供を受動喫煙から守る
条例」には。第一感で懸念を抱いている。 ということもあるのだが。それ以上に
。個人の家庭内に手を突っ込もうとする政治家の意図に不穏なものたばこの煙。朝日新聞デジタルのアンケート「たばこの煙」には。2130の回答がありま
した。多くの方が受動喫煙防止のための規制強化を求めています。一方で。
たばこ自体は法律で禁じられているわけでもないのに。という声も…Kansai。たとえ喫煙が私たちの体に害を及ぼすものであっても。私たちが彼らから楽しみ
を奪うことは両親が煙草を吸っている子どもが将来呼吸器系の病気にかかる
可能性もあるのだ。そして受動喫煙とは自分自身で喫煙をするよりも有害だと
されています。どちらも同等の権利を持っているので。差をつけてはいけない

「受動喫煙」「副流煙」は特に危険。また。乳幼児突然死症候群の要因のひとつともいわれています。妊娠中
から両親ともタバコを吸うと死亡率は約倍にもなります。 家族がタバコを吸う
と。子どもが

一人暮らしが一番ですが、妹もいれば自分だけという問題もありますね。子供が行っても考慮できないという事は両親とも精神面が十分に発達できていないのでしょうね。精神的に大人になっていれば、他人の迷惑を考えて、二人で話し合い、何等かな妥協点を見出そうとします。しかしできずに貴方に嫌味を言ったりするのは、精神レベルが子供のままの自己中な脳なのです。子供と同じなので、論理的に言っても、論理的判断はできず、自分の感情や狭い経験による判断をするだけです。論理的に追い詰めても、切れたり拗ねたりするだけです。子供相手に教育したり、何かをさせたりするように、褒めたり、尊敬したりしておだてて仕向けるしかないです。改善方法としては、みんながいるリビングでは吸わないようにして貰う。ですがその感じではむづかしいですね。次が部屋に換気の流れを作り煙が子供たちの方に来ないようにする事です。しかし外気の風の方向が影響するため、扇風機を使っても調整は難しく、閉め切ってエアコンなど使うと使えない技です。次が空気清浄機を買う事です。せめてそこに向けて煙を出してもらうのです。親だって副流煙を吸ったりしているので、これは体に悪いです。それを空気清浄機に吸わせれば親の健康のためにも良い訳です。部屋の中や服も汚れにくくなります。「タバコ 空気清浄機」でいろいろな清浄機が出てきます。灰皿状のものもあります。可能な限り、性能が良いものが良いですが、安物買いだけはしない様にしましょう。なお、親がいるエリアと、子供がいるエリアと2台あるとベストですね。現在のエアコンのフィルターを掃除してみましょう。ヤニがタップリついているかと思います。親に見せましょう。もし空気清浄機を入れるなら、その気にフィルター掃除したり、部屋の壁や天井をきれいにすると良いですよ。以前、常喫煙者の父が体調を崩し、検査結果を聞くのに同行しました。結果は異常なしだったのですが、医師に「先生から煙草を辞めるように言ってください」と頼んだら、「お酒も煙草も、辞めないと病状が悪化すると因果関係がハッキリしてないとダメだとは言えない」と言われました。煙草もお酒も、趣向品なので吸う人飲む人の自由なのたそうです。もし法律で、何平米未満の部屋では喫煙したらいけないとか、1日何本以上吸ったらいけないとか、禁止事項が定められていたら、違反を取り締まれますが、そういう法律がないので、年齢を満たし、公共のマナーを守っていればいいのだそうです。悔しいですけど、本人が自ら気をつけるのを待つか、家を出るか、だと思います。卒業後にすぐ家を出れるよう、お金を貯めることですね。あとはせめてアイコスなどに切り替えてもらうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です