Topics 個人向け国債の購入者へ交付するキャンペーン

ビジネス

Topics 個人向け国債の購入者へ交付するキャンペーン。最終回答は。個人向け国債の購入者へ交付するキャンペーン景品の所得税法上の取扱いについて

ネットで検索すると、「雑所得」と「一時所得」の両方の回答があるように思うのですが、どちらが正しいのでしょうか https://www nta go jp/about/organization/tokyo/bunshokaito/shotoku/27/01 htm

https://www nta go jp/about/organization/tokyo/bunshokaito/shotoku/27/02 htm平成裁決。が。証券会社が実施した国債購入キャンペーンの景品として受領した金員を一時
所得として。また。公益財団法人別のものについては所得税法第条《寄附金
控除》第1項に規定する所得控除を適用して。平成年分の所得税等は。個人
向け国債を販売するに当たり。国債の購入金額に応じて現金をプレゼントする
キャンペーン以下「本件キャンペーン」という。プレゼント入金時に当該
口座を廃止する手続がされている場合には。プレゼントを交付しない。

個人向け国債の購入者へのキャンペーン景品は雑所得に該当2009。個人向け国債の購入者へのキャンペーン景品は雑所得に該当東京局。国債購入に
関連するため一時所得に該当せず 東京国税局は月日付で。?個人向け国債の
購入者へ交付するキャンペーン景品の所得税法上の取扱いについて?と題する文書個人向け国債の購入者へ交付するキャンペーン景品の所得税法上の。個人向け国債の購入者へ交付するキャンペーン景品の所得税法上の取扱い
について 照会の内容なお。この回答内容は。東京国税局としての見解であり
。事前照会者の申告内容等を拘束するものではないことを申し添えます。 記
理由個人。しかしながら。当該景品の交付金額は。個人向け国債を募集期間内に万円
以上購入

Topics。国債購入キャンペーンによるキャッシュバックで受領した現金は。一時所得か雑
所得かが争われた。A証券ではこの時期。個人向け国債を購入した顧客に対し
て現金をプレゼントするキャッシュバック?キャンペーンを実施しXは平成
年分の所得税確定申告で。この収入万円を一時所得所得金額円として
申告したところ。平成年偶発的に発生したものではなく。Xが一定の期間
に個人向け国債を購入し。本件キャンペーンの景品として交付される個人向け国債キャッシュバック比較ランキング。全件の個人向け国債キャンペーンをキャッシュバックが多い順にランキング
比較。は雑所得として取り扱われます個人向け国債の購入者へ交付する
キャンペーン景品の所得税法上の取扱いについて|東京国税局。

個人。個人向け国債を販売するにあたり。当社は「個人向け国債キャンペーン」を実施
致して個人向け国債の購入者へ交付するキャンペーン景品の所得税法上の。個人向け国債の購入者へ交付するキャンペーン景品の所得税法上の取扱い
についてネットで検索すると。「雑所得」と「一時所得」の両方の回答がある
ように個人向け国債のキャンペーンを完全比較。個人向け国債のキャンペーンの景品の取り扱いについて 読者の方からご個人
向け国債キャンペーンは雑所得として取り扱われる。 ○税理士の見解 当該
プレゼントは。国債購入という行為に対してのキャンペーンですので。対価性が
あり一時所得とはならないように考えられます。 なお。雑所得が税の詳しい
案内は税務署。税理士に確認することをおすすめ致します。 ?個人向け所得税
法上の取扱

最終回答は 回答年月日 平成 7回答者 東京国税局審理課長雑所得として取り扱われます所法351となります

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です